« April 2013 | Main | June 2013 »

May 25, 2013

「但馬方言第3弾は語源」〜但馬学5月例会

130525_hogen1

「但馬弁ってあるのだろうか?」「但馬の中でも山ひとつ越すと違う言い方しているね」「昔と今とで使う言葉がどんどん変わってきたね」などと会員同士の興味から今年度のテーマは「但馬の方言」となった。

実際に始めてみると、あまりにも身近すぎて返ってそれを知る・学ぶことがとても難しいことが解る。そこで、但馬の方言を研究されている谷口裕さん(豊岡市立港中学校教諭)に三たび講師をお願いしました。

谷口先生のプライベートなライフワークとして但馬の方言を調査し、それを体系化してご自身のホームページで情報発信をされている。

今回のテーマは「語源」。いつ頃、どこから来たのか?始まったのか?

しかしながらなかなか体系化されている文献はないそうだ。言葉は生き物。時と空間を越えてどんどん変化していく。それを捉えるのはなかなか難しいことなんだと改めて感じる。

130525_hogen2

谷口さんは、但馬の代表的な方言をアイウエオ順に説明してくださいました。1時間以上経ってもまだア行。事例がとても面白いのでなかなか進まない。まさに終わりなきテーマですね、方言って。結論があるわけでもないし、と言うのが私の感想でした。

以下、私なりに面白い、と思った方言の一部を書き出してみました。

あかい  → 明るい     (鈴鹿山脈以西)
あじこい → 美しい、きれい
あはあ  → 阿呆
ありこまち→ あるだけ全部
いか   → 凧       (いかのぼり)
行きた  → 行った     (上方、江戸も)
いぬる  → 帰る
えむ   → 実がはじけて出て来る
えらい  → だるい、苦しい
おけんてい→ そうでないのに、それらしく振る舞う
かだら  → 身体(からだ)
がっせい → いっさいがっさい (合才=がっせい)
かわいい → 可哀想
こーじゃげ→ 大きく見える   (口才=こうじゃ)
ごんたくれ→ 暴れたり周囲を困らす(義経千本桜のいがみの権太より)
しゃっても→ 必ず
じょしゃねえ→ 抜け目ない   (如才)
たらし  → おやつ
びく   → 小娘      (比丘→比丘尼←サンスクリット語)
ひろーす → がんもどき   (ポルトガル語)
ぼいやこ → 鬼ごっこ
よーさり → 夜 

【参照】但馬方言のページ
谷口裕氏運営サイトをぜひご覧下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2013

溢れる緑に囲まれて

130524_midori1

毎朝、この景色を眺めながら歯磨きをする。今朝6時半の自宅庭と裏山。今日も1日頑張ろうと充電したエネルギーを確認する時間でもある。

130524_midori2

ベランダの傍らにある緑。これはノウゼンカズラ。夏には赤い花が咲く。

130524_midori3_2

こちらはキッチンの窓。最初は外から侵入して来たツタの種類かなと思ってた。家の裏側に廻りチェックしてみると窓の外には全くそれらしい幹、茎はない。と言うことは、窓際の土壁に落ちた種から芽が出ている。

水もやらないのにどうしているのだろう?お鍋から吹き上がる蒸気や土壁が吸い込んだわずかの水分を吸収しながら成長しているのだろうか。そう思うといっそう愛おしくなってくる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 21, 2013

エゴノキが満開だ

130520_egonoki1

エゴノキが満開を迎えた。私はこのエゴノキが大好き。可憐で純白な花が鈴なりに咲く。

130520_egonoki2

我が家のエゴノキは5月下旬に満開。もう春から夏では?と感じる頃に咲く。私にとって気持ちの良い季節の象徴でもある。

130520_egonoki3

2本のエゴノキがある。どちらも可憐に咲く。私はキッチンとリビングから見えるこちらのエゴノキが好きだ。実はこの木はブナとケヤキとエゴノキが混在しながら成長している。これからの成長は牽制しあうのか、それとも自分の成長と周りの成長とを調和していくのか。

毎年、この時期の主役はエゴノキナなのだ。

| | TrackBack (0)

May 17, 2013

「笑いと涙と情と芸」〜今回は落語だよ但馬コネクション

130517_rakugo1

第3回目を迎えた但馬コネクションは落語。幅広いテーマで開催するのが但馬コネクション。会場設定はいつもと反対向きにして、段上が舞台となる。定員一杯の40人を越える参加者の皆様と落語を楽しむ。普段、なかなかライブで楽しむことが少ないこともあるのか、会場の熱気が演者に伝わる。

130517_rakugo2_2130517_rakugo3
130517_rakugo4130517_rakugo5
130517_rakugo6

 

出演者は「たんたん落語会」の春歌亭丹馬さん、尼乃家河鹿さん。その前に3人のちびっこ落語家がサプライズで登場。それぞれ順番に小噺を披露してくれた。ふるぅ亭桃(ふるぅてい・ぴーち)ちゃん、こっこ亭ひなちゃん、勝亭長大(かってい・ちょうだい)くん。

みなさん着物が似合ってます。

130517_rakugo7

お笑いの後の交流が盛り上がったのは言うまでもない。おかげで写真撮るのをすっかり忘れていました。(^_^;;

春歌亭丹馬さんのサイト 新・春歌亭丹馬の寝床  をご覧下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2013 | Main | June 2013 »