« プッチーニ : 歌劇「蝶々夫人」~小澤征爾音楽塾オペラプロジェクト | Main | 春が一気に »

April 13, 2012

スピーチは心を動かす!~「スピーチの教科書」出版記念講演

120413_speech1

「著者のスピーチはとても良かった!」これ以外にどんな表現が? (^ ^)


会場の誰もが注目する「スピーチの教科書」の著者のスピーチ。著者佐々木繁範氏の胸中を察するや、である。それには冒頭佐々木氏も触れながらやや緊張気味にスピーチが始まった。

いいスピーチを行なうには、論理的であって、気持ちを込める事の大切さを説く佐々木さん。その佐々木さんが起業して作った会社が「LOGIC & EMOTION」と言うから徹底している。リーダーシップとコミュニケーションのコンサルティング会社である。

今回の佐々木さんのスピーチには実際に心が動く、いや踊ったと言った方が分かりやすいかもしれない。この爽やかな感動って何だろう?と考えてみた。それは決してテクニックではないこと、場を共有している人と思い(関心)を共有すること、失敗談も交えながら飾らない自分を表現すること。

この類の本はややもするとテクニックやコツを諭したものが多いが、佐々木さんの「スピーチの教科書」は、その本質から表現手段まできちんと示されている。著者自身のスピーチからも十分感じました。

120413_speech2

佐々木さんのソニー時代のお話が興味深い。ソニー創業者の井深さん、盛田さんと大賀さんが一緒に写っている写真や出井さんとのツーショットのお宝写真を紹介しながら、佐々木さんのソニー時代の裏話が面白かった。(^_^)

余談ですが、

30代前半の頃、私は地元の若手経営者の勉強会「日高経友会」のメンバーであった。ある年、自主テーマで私は盛田昭夫さんに興味を持ち、研究発表したのを懐かしく思い出す。盛田さんの著書や雑誌に紹介されている盛田さんの記事を集め、その考え方、行動に大きな刺激と影響を受けました。グローバルに活躍するとはこういうことなんだ、と胸がときめきました。

音楽好きの私はソニー好き。社長時代の出井さんにも憧れて海外進出を積極的に企てたり、出井さんがしている同じ腕時計を買ってみたり、結構ミーハーだったりしました。(笑)

話はそれましたが、佐々木さんの「スピーチの教科書」は私の地元のリーダー、若手経営者にも大いに役に立つと思います。佐々木さんから直接お話を聴いてみませんか?

遅れましたましたが、私と佐々木さんの出会いは、昨年、六本木で行なった「オーバースペックモノづくり教室」(東京)で私がハンガーのお話をさせていただいた時。その後、とてもいいアドバイスもいただきました。佐々木さんのこれからの大活躍を期待しています。


 

|

« プッチーニ : 歌劇「蝶々夫人」~小澤征爾音楽塾オペラプロジェクト | Main | 春が一気に »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference スピーチは心を動かす!~「スピーチの教科書」出版記念講演:

« プッチーニ : 歌劇「蝶々夫人」~小澤征爾音楽塾オペラプロジェクト | Main | 春が一気に »