« 活気ある台北 台湾その2 | Main | 秋深まり 薪ストーブ点火! »

November 03, 2010

秋深まり 炉に灰を入れる

ADA5B5BC-7BCB-4214-9A75-9A485046354E

ここまで冷えるとは。予定していたカヤックの川下りを取り止め、冬支度となった。和室の炉を準備する。

8D1B3EA4-D85F-467E-AC5D-FC857D11BC4B

畳を取るとこうなる。うちの炉壇は土。自宅を建築する時に、和室の土壁とあわせて、左官の久住章さんに作っていただく。
久住章

B233F011-ACCE-494B-9E2C-5487A5EC14CE

久住さんの土壁と炉壇は時が経てば経つほど、良き風合いと愛着が増す。自宅建築時、久住さんと話したり、食事したのが懐かしい。

B8FD2AB6-00CB-495E-8C76-F3AA32A4CC70

炉灰はクヌギの灰が良いとされているが、我が家はブナの灰。木製ハンガーを制作する時に出る端材を焼却炉で燃やしてできた灰。純度100%の広葉樹の灰。

建築時にそこまで意識してはいなかったが、久住さんの炉壇に、私の仕事で出来たハンガー(ブナ)の灰を入れる、これはちょっとした物語だ。

感謝の気持ちでお茶をいただかなくては。

|

« 活気ある台北 台湾その2 | Main | 秋深まり 薪ストーブ点火! »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 秋深まり 炉に灰を入れる:

« 活気ある台北 台湾その2 | Main | 秋深まり 薪ストーブ点火! »