« 『人体解剖シューズ』~DEVOAの真骨頂 | Main | 「城崎温泉今昔」~但馬学2月例会 »

February 26, 2010

ひつじとジャズの相性は?~代々木「ひつじや」

100226_hitsujiya1

♪帰ろうかな?帰るのよそうかな?♪ ではなくて。(^_^)

帰って食べようか?それとも食べてから帰ろうか?の心境なのだ。青山SR(ショールーム)での仕事が連日遅くまで続く。で、今回は「食べてから」になった。スタッフが面白いところがあるから、と代々木に来た。「なに料理?」と訊いても、明確な返事がない。

お店に入ってみたが、確かに「なに料理」なんだろう?

100226_hitsujiya2

実は、ここはひつじ料理の店なのだ。お店の名前が「ひつじや」なのだから、当然壮なんだろうが、なに風?どこの国?って感じだ。

メニューを見る。「北アフリカの炒飯」「アラビアのシシカバブ」「ブラジル風肉炒め」「チュニジアの餃子」「モンゴルのシュウマイ」「アフガンステーク」と、まだまだ続く。そうか?!
多国籍料理なんだ。当店お奨めNo.1とあるので迷わず「ひつじのたたき」を注文。なかなか美味しい!

100226_hitsujiya3

テーブルについた時から、壁に掛かっているポスターがどうも気になる。セロニアス・モンクかな?似てるね?だよね?と思いつつ立ち上がってチェック。なんとセロニアス・モンクにちなんだビール「Brother Thelonious」。初めて出会ったビールだ。ベルギー風の高アルコール度なのだそうだ。(気づいたときは、生ビールを頼んでしまっていた。今度こそ)

100226_hitsujiya4

説明によると、売上の一部は、若きジャズ・ミュージシャンの育成のために「Thelonious Monk Institute of Jazz」へ寄付されるそうだ。では、尚更、次回は飲まなくては。

ジャズが流れるお店で、ヒツジ肉を味わう。ジャズとヒツジはなかなかの相性だ。「食べてから」にして良かったと思う、遅い夜のなんとも興味深い食事体験であった。

「BISTRO ひつじや」
東京都渋谷区代々木1-59-1オーハシビル中2階
tel : 03-3320-3651

|

« 『人体解剖シューズ』~DEVOAの真骨頂 | Main | 「城崎温泉今昔」~但馬学2月例会 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ひつじとジャズの相性は?~代々木「ひつじや」:

« 『人体解剖シューズ』~DEVOAの真骨頂 | Main | 「城崎温泉今昔」~但馬学2月例会 »