« 飛騨季節料理「肴」~旬の食材ここにあり! | Main | 「カンブリアン・ハンガーを語る」~アンティークハンガー・コレクター »

September 16, 2009

特別で格別な「ウィーン・フィル・コンサート」

090915_wienerphil1_3

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団がやってきた。素晴らしい再会とともに初日のコンサートを聴く機会を得た。

なんと、今回はウィーンフィルのチェリストであるステファンからの招待なのだ。来日するから会おうとはメールで約束したものの、まさか、コンサートに招待してもらうとは。感激である。

090915_wienerphil2

場所は、サントリーホール(港区赤坂・アークヒルズ)。

プログラムは、リヒャルト・シュトラウス(Richard Strauss)の交響詩『ドン・キホーテ』op.35 交響詩『英雄の生涯』op.40 である。

指揮者は、ズービン・メータ(Zubin Mehta)。

090915_wienerphil3

R.シュトラウスは私の好きな作曲家の一人である。近代音楽と言うか、19世紀以降の管弦楽曲、あるいは弦楽曲の和音がたまらなく好きで、聴きまくった時期がある。R.シュトラウスの『ツァラストラはかく語りき』、『アルプス交響曲』、そして、今夜の『英雄の生涯』である。

チェロのステファンとは、前日の夜、7年ぶりの再会をした。7年前に行なわれたチェロコンクール(兵庫県養父市ビバホール)の1週間、ウィーンから参加したステファンは我が家にホームステイしたのが出会い。その後、ステファンは厳しい練習と試験にパスをしてウィーンフィルの一員になった。

090915_wienerphil4

オーケストラがフルにフォルテシモで演奏するパートが多い『英雄の生涯』。しかし、その音響は、高らかで大きいいが、とても深く、マイルドだったのが印象的。

アンコールは、ヨハン・シュトラウスの「アンネン・ポルカ」と「トリッチ・トラッチ・ポルカ」の2曲。それでも拍手は鳴り止まない。

指揮者と演奏家と時と空間を共有する生の演奏は素晴らしい体験でした。

|

« 飛騨季節料理「肴」~旬の食材ここにあり! | Main | 「カンブリアン・ハンガーを語る」~アンティークハンガー・コレクター »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 特別で格別な「ウィーン・フィル・コンサート」:

« 飛騨季節料理「肴」~旬の食材ここにあり! | Main | 「カンブリアン・ハンガーを語る」~アンティークハンガー・コレクター »