« 『いつもの風景』 日本とフィンランド交流プロジェクト | Main | 特別で格別な「ウィーン・フィル・コンサート」 »

September 15, 2009

飛騨季節料理「肴」~旬の食材ここにあり!

090914_takayama1

相変わらず移動が多い。先週の東京滞在から週末、豊岡(兵庫県)に帰ってすぐに今度は、飛騨高山へ。もちろん、仕事である。飛騨地方には何社か、ハンガーの材料などの仕入先がある。

飛騨高山は、過去に休暇や旅行も入れて何度か来たことがある。毎回感じるのは、私の住む但馬地方(兵庫県北部)の山と違って、山が切り立ち、大きく感じる。

道路脇には、もうススキがいっぱい。秋なんだ。

090914_takayama2

書こうと思うと、仕事の話よりもどうしても美味しいものが優先してしまう。(^_^;;

今回は一泊する高山。過去の訪問はお昼で、泊まりは下呂温泉や別の町。泊まるのは初めて。従って、夜の食事は、せっかくだから地元の食材を堪能できるお店をと、高山の街をうろうろと。(忙しくて時間がなかったので、事前の調べなし)。

しかーし、ばっちり正解のお店をゲット!!あまりにも美味しいので、食事の後でお店の前でマスターをカシャ!

美味しい店を探し出す私の嗅覚もすてたもんではない。(笑)これはセンス?いやいや、執念と場数を踏んだことかな?

090914_takayama3

マスター自慢のキノコ。マスター自身が山に入り、キノコ採りもするそうだ。飛騨地方もこれから秋本番。さらに、種類もいっぱい増えていく。

090914_takayama4

自家製「天然岩魚の燻製」。しっかりとスモークされているのに、身はホカッとやわらかい。飛騨の渓流を想いながら、日本酒がすすむ。

090914_takayama5

ほうれん草と自家製ハムの炒め。あちこちのお店でもあるメニューだが、地元で採れた濃厚な味のほうれん草。なんでもない食材に、そのこだわりを感じる。私はこんなお料理が大好きだ。

090914_takayama6

飛騨高山なので、やはりこれも紹介しておきます。「飛騨牛のニギリ」。マグロのトロか霜降飛騨牛か?

ただ、マスター曰く、「飛騨牛オンリーではダメ。それぞれの季節の旬の食材を食べてもらいたい。高山にはその四季の旬が豊富にある。」 納得である。

マスターのお料理はとてもシンプル。まさに食材の旨味をうまく引き出している。高山に行ったら、ぜひ、立ち寄ってもらいたいお店である。

飛騨季節料理 「肴」
岐阜県高山市朝日町13番地 彩ビル1F
Tel : 0577-36-1288

|

« 『いつもの風景』 日本とフィンランド交流プロジェクト | Main | 特別で格別な「ウィーン・フィル・コンサート」 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 飛騨季節料理「肴」~旬の食材ここにあり!:

« 『いつもの風景』 日本とフィンランド交流プロジェクト | Main | 特別で格別な「ウィーン・フィル・コンサート」 »