« "Marunouchi BRICK SQUARE"(丸の内ブリックスクエア) オープン! | Main | 『いつもの風景』 日本とフィンランド交流プロジェクト »

September 10, 2009

南イタリア魚介料理 "La Scogliera"(赤坂) 

090910_scogliera1

ゲストと一緒の時は、ちょっといつもと違うレストランでランチする。今回はハンガー・ショールーム(東京・青山)から歩いて数分のところのイタリアンにした。事前にキャッチした情報では、魚介類専門で、お肉類は一切なし。それだけ聞いて、魚好きの私にとっては、行かないはずはない。(笑)

"La Scogliera"(ラ・スコリエーラ)は、イタリア語で「岸壁」。オーナーが、ほれ込んだイタリア南部カンパーニャ州、アマルフィ海岸近くの小さな漁村にあるレストランにちなんだ名前だそうだ。そのレストランは、"Lo Scoglio"(ロ・スコーリオ)、岩礁という意味だそうだ。

村の名は、Marina del Cantone(マリーナ・デル・カントーネ)と言う。お店でいただいたフリーペーパーによると、ナポリの人も行きづらい、寂れた漁村。ロ・スコーリオは「世界中のセレブが訪れるミシュランの星を断った店」との紹介がある。う~ん、いつかきっと行ってみたい。(^_^;;

話は戻って、ちなみにこちらのレストランのオーナーは、八丈島出身の猟師さん。八丈島から、新鮮な魚が毎日送られて来るそうだ。

090910_scogliera2

お店の紹介が長くなりました。私が選んだランチの前菜がコレ。魚、サカナ、さかな!(昼なので「肴」はない)(笑)

カンパチ、シシャモ(生)、イイダコ、ツブガイ、アンキモ、マンボウの腸、そして野菜数々。(是非、画像を拡大してご覧くださいね)。

これだけでリョーカイ、ナットクの心境に。

090910_scogliera3

こちらはゲストが選んだワカシのソテー。ワカシとはブリの幼魚名。ワカシ→イナダ→ワラサ→ブリとなる。成長と共に名前が変わる出世魚ブリなのだ。

090910_scogliera4

自家製カラスミとオリーブオイルのパスタ。

090910_scogliera5

カジキのトマトソース。

090910_scogliera6

ドルチェまで、とても美味しくいただきました。

(注1)ゲストのお料理も撮ったので、全部私が食べたものではありません。(笑)

La Scogliera
東京都港区赤坂4-15-1
赤坂ガーデンシティB1
tel: 03-3586-8989

|

« "Marunouchi BRICK SQUARE"(丸の内ブリックスクエア) オープン! | Main | 『いつもの風景』 日本とフィンランド交流プロジェクト »

Comments

今日は、わが神鍋白炭工房の炭をお買い上げいただいたみたいで、ガンピーの稲垣さんから連絡いただきました。
また一度、炭工房にも遊びにおいでくださいませ。

Posted by: すみや | September 11, 2009 09:53 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 南イタリア魚介料理 "La Scogliera"(赤坂) :

» ブログの輪 [神鍋白炭工房の日記]
気がつけば、ブログをはじめて8ヶ月強。 応援カウンターも気がつけば…6万を超えている。 今日も、地元のスーパーのガン●ーの稲垣プランナーから 携帯にメールが届いた。何かと思えば 日高町が誇る世界のナカタハンガーの社長さんが買い物に来られ 神鍋白炭を購入していただいたという報告だった。 うちによろしくとの事だったみたいで 今日はフィンランドから友人が来られるらしく、自宅の自慢の囲炉裏で 地元の神鍋白炭を熾して素敵なおもてなしをされるようですね。 お客さんの立場からすると、とってもうらやましい、にく... [Read More]

Tracked on September 11, 2009 09:48 PM

« "Marunouchi BRICK SQUARE"(丸の内ブリックスクエア) オープン! | Main | 『いつもの風景』 日本とフィンランド交流プロジェクト »