« 風に吹かれて〜カヌー川下り(その1) | Main | 55期がスタート! »

May 10, 2009

風に吹かれて〜カヌー川下り(その2)

090502_canoe13

自宅裏からさらに40分ちょっと下ると、土井の堰に来る。一旦、カヌーを降りて、ロープで曳航して堰を超える。

090502_canoe14

同伴のTさんが何やら発見。写真を撮っている。アユの遡上だ。こんな流れのきつい滝のようなところを稚アユは、ピョンピョン、ジャンプして登って行く。その健気さと元気さと必死な姿に感動だ。(本当は、そんな姿まで見えないのだけれど、そう思ってしまう)(笑)

090502_canoe15

土井の堰を超え、上ノ郷(かみのごう)橋の下流の右岸に到着。ここが私たちお気に入りの河原。船でもないと来れなくて、視界から国道の自動車が消え、川の流れと風の音に包まれる場所である。

左側が上ノ郷集落。冒険家・植村直己が生まれたところ。植村さんはよくこの河原で牛の世話をしたり、遊んだりしたと聞く。ここからは、豊岡市の最高峰・蘇武岳が眺望できる。植村さんも高校時代に登ったと紹介されている。遠く山の稜線を望み、川の流れを眺め、風に吹かれる時間は、なんとも言えないのだ。

090502_canoe16

実は、もっと楽しみなことが待っている。河原のランチである。持参した水と登山用ガスコンロでお湯を沸かし、ソーセージを茹でる。缶ビール(注:もちろんノンアルコールであるが)の栓をスカッ!と開けて、グビッ!最高の時である。ヤッホーである。(^_^)/

090502_canoe17

続いて「干しキス」(「欲しキス」ではありません)。これも私たちの最近の定番。河原で食べると格別なのだ。二人で分けるので「♪あなたのキスを数えましょう〜♪」と歌うのが二人の間での流儀となっている。そして仕上げは、もちろんラーメンなのです。(これはカヌーツーリング元祖の野田知佑流)

090502_canoe18

腹ごしらえも喉ごしらえもでき、再び漕ぎだす。途中、普段通る国道から見えない、静かな個所を通過する。やたらと野鳥の声がうるさくなる。そこでTさんは望遠鏡をのぞく。Tさんは、この地域の野鳥観察の第一人者。彼が撮った写真は素晴らしい。(TAJIMANIA Sanctuary)

090502_canoe19

時はゆっくりと経ち、気がつくと川面に反射する陽は夕暮れの気配。

090502_canoe20

ゴール(豊岡市・円山大橋)まではもう少し。正面に見えるずーっと向こうの山は来日山(くるいざん)。その向こうに城崎温泉、さらにその向こうはもう日本海なのだ。夕方の円山川下流はいつも海からの風が吹く。川の流れはしだいに緩く、風はアゲンスト。ゴール手前は、力を振り絞っての黙々(
モクモク)カヌー漕ぎになる。これもいい運動なのだ、とそう思って。(本当は、帰ったらビールだぞ
!って叫んでいる)

090502_canoe21

ゴール地点で上陸して、朝に回していた別の車に積んで帰宅。全行程20km弱。

シャワー浴びて、ビール飲んで。今日は特別に反省会をしようとゆっくりと振り返る。何も反省することなどないのだが、風に吹かれた余韻を楽しまない手はない。

|

« 風に吹かれて〜カヌー川下り(その1) | Main | 55期がスタート! »

Comments

katsuranoさん、

お母さんがご存知なのは、当たっているような、そうでないような、私も分かりません。(^_^)

katsuranoさんもOregon大学に留学していたのですか?それはいいですね。

最近のaltは、あまり知りませんが、数年前まではほとんどのAltを知っていましたよ。わが家にもよく遊びに来ました。だから、オレゴン出身のALT達を何人か知っています。今でも、オレゴンに行けば何人かと会うことができます。なんか、行きたくなってきました。(笑)

Posted by: koh | June 18, 2009 04:48 PM

 お返事ありがとう御座います。
頂いた内容を家族と話していると、母がKOHさんを知っていると言い出しました。10年以上前だと思いますが、“但馬の祭典”で母が何かの役を頂いて、そのときにそんな話をしたと言ってました。
ずいぶん昔の話です。たぶん間違いかもしれません。違っていたら申し訳ないです。

話は変わりますが、
 7/11・12にtaji ultimate2009 というフリスビーの大会が今年も神鍋高原で行われます。毎年多くのALT JETの外人チームが日本全国から参加します。私もチームを作り、但馬のJETのみんなと練習しています。ちなみにteam名は DISC-O(ディスク オー と呼びます)
DISCはフリスビーのdisc、OはOregon大学のO(私やJETで日本に来ているチームメンバーの母校)、二つ合わせて ディスコ!
 ご都合が合えば是非見に来てください。

 但馬に帰って来て、3年ほど経過しましたが、まだまだ但馬の良さを発見しきれていません。
 今後とも、KOHさんのブログ内の楽しい情報を活用させて頂きたく思います。

ながながと失礼いたしました。

Posted by: katsurano | June 16, 2009 05:45 PM

katsurano さん、

ご返事が遅くなりすみません。

「カヌーで川下り」は、こんな贅沢な時間があるのか?と思うぐらい最高です。katsuranoさんもフォールディングやカヤックを持っていらっしゃるとのことで、あちこちでやっておられるのでしょうか?

私は15年ぐらい前に、『円山川下り 源流から日本海まで』と言うイベントを企画したことがあります。ご存知のように朝来市生野町の「円山地区」から流れ出す円山川をその源流から歩いてスタートしました。最初の数キロは歩くしかありませんが、ところどころカヤックでに乗ったり、降りたりしながら和田山町竹田あたりまできます。その後はなんとかカヤックで下れますよ。

堰は、和田山(フジッコ辺り)にあり、その後八鹿駅付近のがあります。それが最も落差があるように思います。その後、上小田下流、上ノ郷があります。どちらも、カヤックを降りて越せば問題ありません。

円山川の川下りの注意点は特に危険地帯ないですが、ともかくカヌーは自然相手の遊びですから、舐めて掛かるのは厳禁。水量の把握、それにこれは常識ですがライフジャケットをキチンと付けて楽しんで下さい。

Posted by: koh | June 07, 2009 11:44 PM

初めてmailさせて頂きます。
円山川の川くだり大変興味があります。
私自身、現在和田山に住んでいます。目の前が円山川でこのまま川を下って行けないものかと常々考えております。
その第一次調査として、先週末(5/30)自転車で和田山から城崎まで円山川沿いにサイクリングをして、難所等の確認を行ってきました。ブログで書かれているように、宿南あたりから河口までは大きな堰もなく、下れそうですがそれより上流は少し難しそうですね。
 現在、フォールディングカヌー と ホワイトウォーターカヌーで 川や海を楽しんで知るのですが、円山川を楽しむ為の注意点等はございますか?
 お忙しいかとは思いますが、教えて頂けたらうれしいです。

Posted by: t katsurano | June 02, 2009 11:56 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 風に吹かれて〜カヌー川下り(その2):

« 風に吹かれて〜カヌー川下り(その1) | Main | 55期がスタート! »