« 水面下に佇む「楽吉左衛門館」〜佐川美術館 | Main | 漆とハンガー 「象彦展」 »

March 25, 2009

「せいろ」で味わう蕎麦の味~「くろ麦」青山一丁目

090325_kuromugi1

これは「手打ちそば くろ麦」 (東京・青山ツインビル地下)の「せいろ天盛」。まことに美味である。

蕎麦の風味を賞味するには「せいろ」が良い。「くろ麦」の蕎麦は石臼でしっかりと挽いたそば粉を使う。だからコシがあって、香りがあって、純白である。

090325_kuromugi2

私の大好物のひとつが蕎麦。いつでもどこでも蕎麦屋に行くかと言うとそうではない。好物ゆえに、店は厳選する。美味しくない蕎麦を食べた時の無念を味わいたくないからだ。(笑)

私の自宅(兵庫県豊岡市)付近では、このブログに何度も登場する「ドライブイン山里」の「川南谷そば」が絶品。「川南谷そば」は、そば殻の風味を残して黒っぽい。つなぎに自然薯を使っている。「くろ麦」が「品格」だとすると、「川南谷そば」は「素朴」だろうか。

前置きが長くなりましたが、「くろ麦」のお蕎麦は本当に美味しい。一度、行ってみてください。NAKATA HANGERのショールームが青山ツインタワー西館1階にあり、その地下1階のレストラン街に「くろ麦」さんがある。歩いて1分もかからない所に、こんな美味しい蕎麦屋さんがあってとても幸せなのです。どうぞ、この「幸せ感」を味わってみてください。(^_^)

「くろ麦」
東京都港区南青山1-1-1 青山ツイン東館B1
tel :
03-3475-1850

|

« 水面下に佇む「楽吉左衛門館」〜佐川美術館 | Main | 漆とハンガー 「象彦展」 »

Comments

「くろ麦」さん近くに行かれたら、ぜひ一度食べてみてください。

Posted by: koh | June 22, 2009 10:30 AM

通りすがりの者です。
おいしそうですね!

Posted by: ww | June 22, 2009 09:24 AM

但馬屋惣兵衛さん、こんにちは。

国立競技場の帰り??
サッカーのワールドカップ予選でも観戦に行かれるのでしょうか?それとも、何だろう?

仰るように「蕎麦」の値段って、その食べた量(満腹感?)からしても、高いと言う印象はありますね。でも、その店の主人が蕎麦を挽き、手打ちし、さっと茹でる、それを全部やれば確かに、手間と腕前が必要だから、それぐらいの価格が必要なんだと納得はしているのですが。

だから、好きだからこそ蕎麦屋を選ぶと言うのは必要ともいえますね。

「ドライブイン山里」さん、ぜひ行ってみてくださいね。

Posted by: koh | March 28, 2009 05:19 PM

いつも楽しく拝見させていただいております。「くろ麦」さん国立競技場の帰りにでも一度訪れてみます。ずいぶん前にそばの老舗といわれる店に入って、びっくりする値段に驚いたことがあり、東京ではあまりそばを食べてませんでしたので楽しみです。
 「ドライブイン山里」さんもずいぶん前にご紹介いただいたのにまだ行けずじまいです。まずはこちらから足を向けてみたいものです。

Posted by: 但馬屋惣兵衛 | March 26, 2009 09:21 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「せいろ」で味わう蕎麦の味~「くろ麦」青山一丁目:

« 水面下に佇む「楽吉左衛門館」〜佐川美術館 | Main | 漆とハンガー 「象彦展」 »