« ニュージーランドから友来たる | Main | 「車と旅をするカバン」 LEXIARD.JP(その2) »

January 20, 2009

オフタイムのお気に入りカバン LEXIARD.JP(その1)

090115_lexiard1

今、お気に入りのカバンがこれ。LEXIARD.JPと言うブランドのカバンである。WADACH(ワダチ)シリーズのLX41-0022(DB)

"Lack of Exciting X (something) In A Real Drive"のイニシャルをとってLEXIARD。なんともイカしたシャレたネーミングなのだ。訳して「いつもの毎日には何かドキドキが足りない。」と。

こんなカバンを提供しているのが、カバン産地の兵庫県豊岡市を代表するカバン会社ウノフクである。友人(先輩)であるU社長からいただいた。1年半前のIFF(インターナショナル・ファッション・フェア)の会場で、LEXIARDのブースでU社長と会話していて「モニターになるから」と調子に乗って口を滑らしたのが現実となった。

090115_lexiard2

何を隠そう、私はカバン・マニアなのです。以前は「また、カバン買って」と妻にもしばしば呆れられた。しかし、最近は自分の好み、スタイルが明確になってきたので、ビジネス、オフタイム、レジャー、国内、国外の旅に持っていくカバンは定着している。(^_^)v

しかし、車でちょっと出掛ける時のバッグって、実はなかなか良いものがないと日頃感じていた。そんな時に、このレキシアードに出会って気に入ってしまった。

090115_lexiard3

このカバンの特徴は、まず自力で立つこと。グニャッと倒れ込んでだらしなくなるのではないので、カバンを掴む時もスムーズにいく。背面ポケットも諜報。車までのわずかな距離を移動するのに、わざわざファスナーなど開け閉めしたくない。私は、iPod、デジカメ、メガネを投げ入れる。ステアリングを模したと言う革製の把っ手。どちらも、なかなか機能的で使い勝手よい。一種の快感を覚える。

090115_lexiard4

内装はチェッカーフラッグ、ジッパーはアクセルペダルをイメージしてある。ディーテールに対するこだわりもいい。外装、内装の素材もサラッとしていて手触りが抜群。カジュアルでありながら、どこかキリッとしたところが気に入っている。

090115_lexiard5

私はあまりショルダーを好まない。普段は手提げとして使用。背面ポケットには常備品(上記)を入れ、中には、単行本1冊、雑誌1冊、そして地図などを入れている。

090115_lexiard6

観光地で神社仏閣、博物館、美術館などを訪ねる時は、肩から掛けても良い。デジカメで写真を撮ったり、パンフレットを読むのに両手が使えるのは便利だ。また、入場券やペンフレットなどは、どんどんカバンの中に放り込んでおけば良い。

敢て、一つ希望を付け加えるなら、A4サイズの雑誌、ノートを出し入れするのに、絞り込んだ口が少し窮屈なところだろうか。

サイズ(常備品を軽く)、デザイン(ショルダーでもなく、ポーチでもなく)、素材(サラッと)、機能(自力で立つ)、ショルダーの長さ(長いとサイドブレーキや車の突起によく引っ掛る)、どれをとっても満足である。お薦めのバッグです。

|

« ニュージーランドから友来たる | Main | 「車と旅をするカバン」 LEXIARD.JP(その2) »

Comments

ハーシー、

白いのって、emblemシリーズのショルダーですか?若々しくっていいですねー。

ゆうや君とも、東京移動の途中にバッタリと会いました。ゆうや君のバッグ談義を一度聞いてみたいですね。

Posted by: koh | February 20, 2009 at 12:19 PM

私も豊岡鞄をいくつか集めております。
KOHさんのこのバッグはかっこいいビジネスマンに似合いますね~。
ゆうやさんの持っているバッグもいつも素敵。
次は白いシリーズを狙っています。
豊岡鞄は造りも頑丈で機能的で自慢できますよね!

Posted by: ハーシー | February 17, 2009 at 11:31 AM

レクシアード、なかなかいいですよ。

かつて流行った(?)、縦長のショルダーバッグやポーチは、ちょっとオジサンっぽいし、トートや柔らかい生地のバッグでは、なよなよして、ビジネス慣れ(^_^)している私にとって、いくらオフタイムと言ってもどうも違和感がありました。それに入れるものは、メガネ、デジカメ、メモ帳、それに雑誌か単行本を1冊程度。
ピッタリです!

これからもこだわりのカバン、期待していま~す。>ゆうや君

Posted by: koh | January 24, 2009 at 09:33 AM

レクシアードのご愛用ありがとうございます(笑)

自立するショルダーというのはなかなか無いらしく、皆様にもご愛顧いただいてます!

でも、確かにガイドブックを入れるためにもA4はすんなり入るおうにすれば良かったですね!反省!

Posted by: うのゆうや | January 24, 2009 at 01:36 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84343/43771196

Listed below are links to weblogs that reference オフタイムのお気に入りカバン LEXIARD.JP(その1):

« ニュージーランドから友来たる | Main | 「車と旅をするカバン」 LEXIARD.JP(その2) »