« 「記念品」としてのハンガー | Main | 「あすか会議2008」 次なる創造を生み出す源泉 »

July 04, 2008

友来たりて「金寿司」へ

080704_kinzushi1

中国出張などもあり、しばらくぶり(と、言っても半月ですが)の青山ショールーム。ありがたいことに、ショールームには、ハンガーのお客様はもちろんですが、様々な用件でいろんな方達に立ち寄っていただく。

その中で、私の住んでいる但馬(兵庫県北部)から、上京してきた方が限られた時間をやりくりして、立ち寄っていただくことが多いので、その時はとても嬉しい。

今日は、同郷の友人Bさんがひょっこりと立ち寄ってくれた。時も夕刻、そのまま放っておくわけにもいかない。「じゃあ、食事でも」と一緒に出かけることに。めったに東京で会うチャンスもないだろうし、超・こだわりのBさんだから、特別の食事をと、金寿司へ行く。

金寿司の「招き猫」ではないが、招き、招かれる、そんな友人、知人がいることはとても幸せである。

080704_kinzushi2

仕事も趣味も、超・こだわりのBさん。まずは金寿司の「つまみ」から味わってもらう。一口摘んだBさんの顔をみる。間違いなし!!金寿司の寿司を堪能してくれたのではと思う。

080704_kinzushi3
(しめ鯖)

家族ぐるみの付き合いだが、こうして東京・神田のお寿司屋さんで話すのも、いつも違う雰囲気でよい。仕事の話、地域の情勢、そして飲むほどに昔話に花が咲いた。

080704_kinzushi4
(ひめ鯛)

意外なことに、金寿司のマスターもメカに興味があって、Bさんとバイクの話で盛り上がった。友人と友人が、新たに友人になってもらえたら、こんなに幸せなことはない。

金寿司の「招き猫」の前で、「このお寿司のように、周りをハッピーな気持ちさせるような技を磨いて、いい仕事をしたいね」と、友人Bさんと語り合う。

|

« 「記念品」としてのハンガー | Main | 「あすか会議2008」 次なる創造を生み出す源泉 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 友来たりて「金寿司」へ:

« 「記念品」としてのハンガー | Main | 「あすか会議2008」 次なる創造を生み出す源泉 »