« 『小さな建築』を巡る千夜一夜〜「わくわくする建築・街」編 | Main | 渡辺貞夫 "MY DEAR LIFE" »

June 13, 2008

カバンとハンガーの関係は?

080613_bag1

ここは、東京台東区柳橋の「カバンのショールーム」である。ちょうど、新作カバンの展示会が開催されていたので訪問した。

展示会をしているのは、カバンの産地、兵庫県豊岡市の老舗企業、エンドー鞄(株)である。企画から製造・販売まで一貫して行なっている。伝統的な地場産業としてのノウハウを活かしながら、オリジナルの定番バッグ、あるいはOEM生産も行なっている。

時代の変化と共に、豊岡の鞄づくりは当然ながら変化していくが、今は、各社のオリジナル・ブランドの確立に力を入れているところが多い。訪問したのは雨模様ではあったが、多くのバイヤーが入場され、活発な商談が行なわれている。スタッフの方も明るく活気があってとてもいい感じ。

080613_bag2

E社長とは、小さい頃から良く知っている同級生。ハンガーとカバンの違いはあれど、企業を経営していく苦労と喜びは一緒。

実は、「ハンガーのショールーム」を持つことになったのは、このE社長からの刺激があった。東京出張の途中、京都駅でたまたま出会い、その勢いでこのショールームにお邪魔したことがある。2年前のことである。「東京にショールーム」は、まだ夢でしかなかった私にとって、この訪問は大きな分岐点となった。それから1年もしないうちに、「夢」が「現実」に変わった。

友人からの「刺激」が、その後の「出店の出会い」を誘発してくれた。何か「運」のようなものを感じる。

今回の鞄展示会にお邪魔して、またまた「よし、俺もやるぞー!」ってやる気が高まる。同級生ってそんなものかも知れない。

|

« 『小さな建築』を巡る千夜一夜〜「わくわくする建築・街」編 | Main | 渡辺貞夫 "MY DEAR LIFE" »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference カバンとハンガーの関係は?:

« 『小さな建築』を巡る千夜一夜〜「わくわくする建築・街」編 | Main | 渡辺貞夫 "MY DEAR LIFE" »