« 関空に一泊しなければ | Main | 「杭州」断章 »

June 18, 2008

初めて訪れる杭州(Hangzhou)

080618_hangzhou1

中国へ行くと、たいていこの高層マンションを見かける。開発はどんどん進む。今回は浙江省杭州を訪ねた。私にとって初めての訪問。

080618_hangzhou2

杭州は、英語で書くとHangzhou。カタカナで敢えて書くとするとハンズォウとなるのか。上海から南へ200kmぐらいのところ。浙江省の中心都市。浙江省には、紹興酒で有名な紹興市、温州みかんで有名な温州市、港の町・寧波市などがある。

杭州は、中国7大古都の一つに数えられ、市街地の西に西湖がある。周囲15kmあると言う、風光明媚な湖である。気候は温暖で、人々の生活も昔から豊かな土地柄であると聞いた。

080618_hangzhou3

杭州は、今梅雨のシーズンに入っている。どんよりとした空模様。

080618_hangzhou4

夕方、6時ごろになると西湖の畔に人々が集まってくる。湖畔を通り抜ける風が気持ちよい。椅子には日が暮れてから開催される「音楽噴水」というショーを待つ人たちがあふれる。照明に照らされ、音楽に合わせて噴水が行なわれる。観光スポットの一つ。

080618_hangzhou5

西湖から東を向くと、市街地が見える。金融機関が集まっている場所、商業ゾーン、オフィス街。バイクと車のせわしなさは相変わらずだが、どこか街の佇まいがゆったりとしている。古い歴史と経済的な豊かさがもたらす雰囲気なのだろうか。

|

« 関空に一泊しなければ | Main | 「杭州」断章 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 初めて訪れる杭州(Hangzhou):

« 関空に一泊しなければ | Main | 「杭州」断章 »