« 「出石そばのはじまりとまちづくり」但馬学6月例会 | Main | 本社ビルの改修始まる »

June 29, 2008

Charles McPherson "BEAUTIFUL"

Charles_mcpherson_beautiful

Charles McPherson "BEAUTIFUL"

Charles McPherson : as
Duke Jordan : p
Sam Jones : b
Leroy Williams : ds

1. They Say It's Wonderful
2. But Beautiful
3. It Could Happen To You
4. Lover
5. This Can't Be Love
6. Body And Soul
7. It Had To Be You

Recorded on Aug.12,1975

アルトサックス奏者チャールズ・マクファーソン。1939年生まれ。ピアノのバリー・ハリスに音楽を師事し、チャールズ・ミンガスのバンドで活躍を始める。これはスタンダード曲を集めた、マクファーソン渾身のビューティフルなアルバムである。共演しているピアノのデューク・ジョーダンのこと、彼のピアノ演奏を「ビューティフル」と形容したのが、このタイトルになっている。

どの曲も素敵な演奏だが、あえて1曲と言えば、6曲目の"Body and Soul"だ。マクファーソンのアルトがストレートで優しく唱いあげて行く。クライマックスではマクファーソンの独特のフレーズがまさに「ビューティフル」なのです。

|

« 「出石そばのはじまりとまちづくり」但馬学6月例会 | Main | 本社ビルの改修始まる »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Charles McPherson "BEAUTIFUL":

« 「出石そばのはじまりとまちづくり」但馬学6月例会 | Main | 本社ビルの改修始まる »