« ネームを入れたハンガーの贈り物 | Main | セイジが咲く季節  »

May 17, 2008

Kenny Burrell "KENNY BURRELL & JOHN COLTRANE"

Kenny_burrell_john_coltrane

Kenny Burrell "KENNY BURRELL & JOHN COLTRANE"

Kenny Burrell : g
John Coltrane : ts
Tommy Flanagan : p
Paul Chambers : b
Jimmy Cobb : ds

1.Freight Trane
2.I Never Knew
3.Lyresto
4.Why Was I Born
5.Big Paul

Recorded on Mar. 7 ,1958

聴くと「ホッとする」と言う気持ちになる。「ホッとする」は、ホメコトバであるが、時には、そうでない場合もある。このアルバム"KENNY BURRELL & JOHN COLTRANE"は、むろん前者である。

私がジャズを聴き始めた1970年代には、バレルもコルトレーンも押しも押されぬビッグ・ネームである。そんな二人がそれぞれの最盛期を迎えつつある若き時代の演奏だ。

学生時代少しジャズのギターをやっていた私にとって、ギターがサックスと対等に渡り合ってフロント・ラインを務め、アドリブが聴ける、と言うワクワク感で聴いていた。

トミー・フラナガン(p)、ポール。チェンバース(b)、ジミー・コブ(ds)のリズムセクションも洗練された、素晴らしい演奏をしている。

落ち着いて聴ける、「ホッとする」演奏なのだ。

|

« ネームを入れたハンガーの贈り物 | Main | セイジが咲く季節  »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Kenny Burrell "KENNY BURRELL & JOHN COLTRANE":

« ネームを入れたハンガーの贈り物 | Main | セイジが咲く季節  »