« 今年もIFFからスタートだ | Main | 「日本海の美味しいお寿司」 敦賀 »

January 25, 2008

「景気・環境・リーダー」 全国経営者大会 

080125_keieisha1

『全国経営者大会』(主催・日本経営開発協会)に参加した。私としては3年前に続き2回目である。

テーマは、環境、現役経営者による成功事例発表、国際経営・政治コンサルタントによる未来予測、景気のゆくえ、中小企業経営、リーダー論、健康など、どれも興味深いものばかりである。

080125_keieisha2
(画像:懇親パーティ)

私が印象に残ったお話をアトランダムにまとめてみると、

【地球環境】(2006年現在)
・世界のGDP 48兆米ドル
・世界の人口 65億人
・現在、人間活動が原因の温暖化が起きている

【新たな繁栄への道】
・ひまわりになれ→いいところを探してそこでビジネスをする
・世界で6000兆円のマネーが浮流している
・日本の預金総額は1550兆円
・アメリカ人の資金運用益は平均6%(ホワイトカラーで8%)
・インド・トルコ・ロシアは日本が好き(ビジネス・チャンスあり)

【心の経営】(ある倒産経験経営者の体験)
○従業員の本音
・会社での存在をもっとみて欲しい。(存在意義、安心したい、相談できる人がいる)
・なぜ、私達の意見を聞いてくれないのですか?
・なぜ、任せきってくれないのですか?
・働く環境を良くして欲しい
・もっと勉強させて欲しい(社会人になったら勉強したい)
→究極は「会社に尊敬する人がいる」かどうか

○すごいリーダーの条件
・尊敬できる人を持っている(順調、不調の時に必要)
・Soul Mate(良き友人=切磋琢磨=勇気をくれる人)
・読書家(疑似体験、読書家は言葉がきれい)
・親孝行
・良い習慣を持つ(挨拶、感謝の気持ち、他人の迷惑を考える)

【営業マン】(なぜ、売れないの?)
・なんだかんだと言って動いていないから
・なんだかんだと言って勉強不足だからい
・営業力(営業結果)=営業量×営業能力
・営業量=営業時間-(意識的怠慢時間+結果的怠慢時間)
・営業能力=知識、センス、グランドデザイン(大局的な見地)

【中小企業のあり方】(経営(者)は何やる仕事?)
・活かす=ヒト・モノ・カネ・情報・伝統etc
・繋ぐ=連携して情報発信
・問う=ニーズ、存在意義、「顧客は何を買ってくれているのか?」

その他、景気と株、健康法(ばい菌との共生、自然治癒力)、日本の政局、ロシア/ポスト・プーチン、米/ワシントン・レポートなど国際政治、などいろいろ学ぶ。

そうは言っても、講師の皆さんが一番多く口にされたのは、「サブプライム・ローン問題の影響が世界経済に与える影響」であった。これには、真反対の意見もあり、ここで一言ではまとめられない。

現在、ダボス会議が開催されているが、「環境問題(明日)の話より、サブプライム問題(今日)の話しに、関心が行ってしまっている」との新聞記事がある。

今、経営者は、世界の潮流を知り、未来を予測し、今を決断し、足元から着手しなければならない」時なのだろう。

|

« 今年もIFFからスタートだ | Main | 「日本海の美味しいお寿司」 敦賀 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「景気・環境・リーダー」 全国経営者大会 :

» 万年草の特徴 [仙台発、万年草で地球に生命を,「景気・環境・リーダー」 全国経営者]
1.メンテナンスフリーで越冬し、散水や保湿などの手間がかからない。 (雨にも負けず、夏にも冬にも負けず)2.枯れても根が張ったり、撤去の必要が無い (繁茂するときはたくましく、枯れるときには糸のように)3.不思議なことに他の雑草が生えない。 (ペニシリンの発見につながるアオカビのように)4.重力に従って、下に向かって繁茂する (傾斜地や屋根に適する)5.乾燥に強く、一雨降れば又新芽を出すことが出来る (生命の勇気をくれる緑色です)6.少量の土さえあれば育つので必要以...... [Read More]

Tracked on January 26, 2008 06:34 PM

« 今年もIFFからスタートだ | Main | 「日本海の美味しいお寿司」 敦賀 »