« 賀詞交歓会に出席 日高町商工会 | Main | 「千年の夢と香り」 屋久杉の魅力 »

January 05, 2008

Keith Jarrett "CHANGES"

Keith_jarrett_changes

Keith Jarrett "CHANGES"

Keith Jarrett : p
Gary Peacock : b
Jack DeJohnette : ds

1.Flying Part 1
2.Flying Part 2
3.Prism

Recorded in Jan. 1983

キース・ジャレットと言えば、ソロ・コンサートが有名。1970年代の一時代を築いたのは間違いない。私もNHKホールであったキースのソロ・コンサートを聴きに行ったのを思い出す。そして、1980年代に入り、ソロ・コンサートを続行しつつも、トリオの演奏活動を行なった。

キースのソロ・ピアノは、多くのジャズ・ファン以外の人にも浸透したが、一方で、ジャズ・ファンならキースが弾くスタンダード曲を彼のピアノ・トリオで聴きたい、との要望も出て来たのが1980年代ではなかろうか。そして、あの1985年の"Standard Live"、そして1986年の"Still Live"と言うジャズ・ピアノ・トリオの傑作が生まれる。私も何百回(?)聴いたことか。

そのトリオのメンバーで演奏した初期のアルバム。ベースのゲーリー・ピーコック、ドラムのジャック・デ・ジョネットも当代一流のベーシストであり、ドラマーである。

|

« 賀詞交歓会に出席 日高町商工会 | Main | 「千年の夢と香り」 屋久杉の魅力 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Keith Jarrett "CHANGES":

« 賀詞交歓会に出席 日高町商工会 | Main | 「千年の夢と香り」 屋久杉の魅力 »