« 究極の「マイ・ハンガー」に一歩前進 | Main | 「冬の北陸路をゆく」敦賀〜加賀市大聖寺 »

January 19, 2008

Glen Moore and David Friesen "IN CONCERT"

David_friesen_in_concert

Glen Moore and David Friesen "IN CONCERT"

Glen Moore : b, p, vl
David Friesen : b, cello, p

1. Children of the Kingdom
2. Waltz for Debby
3. Suite for Bass, Cello and Violin
4. Love Song
5. Flagolet
6. Bass Duet

Recorded on March 1975

グレン・ムーアはオレゴンのベース奏者。オレゴン?って方もあると思いますが、1970年代以降に活躍したジャズ・ユニット。チック・コリア、ウェザー・リポート、ハービー・ハンコックなどのエレクトリックな楽器、演奏とは一線を画したアコースティックな演奏を繰り広げたのがオレゴン。

オレゴン大好きな私としては、こちらの入り口から入って来たが、アルバム"IN CONCERT”はデイヴィット・フリーゼンのクレジット。アコースティックな演奏が繰り広げられる。

二人の作曲した曲が並ぶが、唯一、そうでないのが2曲目の"Waltz For Debby"。云わずと知れたビル・エバンスの演奏で有名な曲。同じ曲をベースで演奏したらどうなる?って興味を惹かれる。
ベースのほかに、ピアノ、ヴァイオリン、チェロ、をこなす二人のスピリチュアルな演奏が楽しめる。

|

« 究極の「マイ・ハンガー」に一歩前進 | Main | 「冬の北陸路をゆく」敦賀〜加賀市大聖寺 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Glen Moore and David Friesen "IN CONCERT":

« 究極の「マイ・ハンガー」に一歩前進 | Main | 「冬の北陸路をゆく」敦賀〜加賀市大聖寺 »