« 「花屋さん」が身近に | Main | 今年の紅葉は? 庭のブナとカエデ »

November 22, 2007

Charlie Mingus "PITHECANTHROPUS ERECTUS"

Charlie_mingus_pithecanthropus_erec

Charlie Mingus "PITHECANTHROPUS ERECTUS"

Charles Mingus : b
Jackie McLean : as
J.R Monterose : ts
Mal Waldron : p
Willie Jones :ds

1.Pithecanthropus Erectus
2.A Foggy Day
3.Profile Of Jackie
4.Love Chant

Recorded on Jan.30,1956

チャールス・ミンガスの代表的なアルバムの一つ「ピテカントロプス・エレクトス」つまり「直立猿人」なのだ。1曲目がそのタイトル曲になっている。「進化」→「優越感」→「衰退」→「滅亡」と4つの楽章で構成されている。と、いっても切れ目なく演奏は続く。

この時代(1950年代)、ミンガスは「チャールズ・ミンガス・ジャズ・ワークショップ」(ジャズ研究集会)を開催し、作曲と編曲と演奏の実験を重ねていた。いわば、ミンガス道場の先生と生徒達で曲を練り上げ、創り上げて行くなかで出来上がったのがこの『直立猿人』なのだ。

ホイッスル、クラクション、ありの実験的で賑やかな演奏であるが、しっかりと聴くとスィングしていて心地よい。特に、ジャッキー・マクリーンのアルトとジャック・モントローズのテナー・サックスの掛け合いが随所に聴けるのが嬉しい。

|

« 「花屋さん」が身近に | Main | 今年の紅葉は? 庭のブナとカエデ »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Charlie Mingus "PITHECANTHROPUS ERECTUS":

« 「花屋さん」が身近に | Main | 今年の紅葉は? 庭のブナとカエデ »