« 「生きている喜びを実感できる絵」 岡野博展 | Main | 『挫折し続ける初心者のための最後のジャズ入門』 »

October 11, 2007

Wynton Kelly "KELLY BLUE"

Wynton_kelly_kelly_blue

Wynton Kelly "KELLY BLUE"

Nat Adderley : cor
Bobby Jasper : fl
Benny Golson : ts
Wynton Kelly : p
Paul Chambers : b
Jimmy Cobb : ds

1.Kelly Blue
2.Softly, As In A Morning Sunrise
3.Green Dolphin Street
4.Willow Weep For Me
5.Keep It Moving
6.Old Clothes

Recorded on Feb. 19, Mar.10 ,1959

ピアノのウィントン・ケリーはもちろん、各パートのアドリブ全てが楽しめる、ご機嫌のアルバムなのだ。コロコロっとした(私は、いつもそう感じるのだが)ウィントン・ケリーのアドリブがどの曲でも最高なのだ。

ジャズ喫茶で何度も聴いたアルバム。全曲それぞれのアドリブをソラ覚えして、一緒に口ずさむことの出来るファンも多いはずだ。   

1.Kelly blue と 5.keep it moving の2曲が、フロント楽器を入れたセクステットの演奏。私は3. green dolphin street  が好きだ。単純明快なウィントンのアドリブが、だんだんと熱を帯びて来てスィングする。

|

« 「生きている喜びを実感できる絵」 岡野博展 | Main | 『挫折し続ける初心者のための最後のジャズ入門』 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Wynton Kelly "KELLY BLUE":

« 「生きている喜びを実感できる絵」 岡野博展 | Main | 『挫折し続ける初心者のための最後のジャズ入門』 »