« 「変わりゆく有楽町」 丸井有楽町店がまもなくオープン | Main | 「イカはいかが?」 但馬学9月例会 »

September 21, 2007

Return To Forever "LIVE"

Return_to_forever_live

Return To Forever "LIVE"

Chick Corea : Keyboards,Moog Synthesizer, Piano,
Stanley Clarke : Bass, Vocals, Piccolo Bass
Harold Garrett : Horn (Baritone), Trombone (Bass), Tuba, Trombone
Joe Farrell : Flute, Sax (Tenor), Sax (Soprano)
John Thomas : Flugelhorn, Trumpet
Jim Pugh : Horn, Trombone, Horn (Baritone), Sax (Tenor)
Ron Moss : Trombone
Gayle Moran : Organ (Hammond), Piano (Electric), Vocals
James Tinsley : Flugelhorn, Trumpet,
Gerry Brown : Drums

1. Opening '77
2. The Endless Night
3. The Musician
4. Hello Again
5. So Long Mickey Mouse
6. Musicmagic
7. Come Rain Or Come Shine
8. Serenade
9. The Moorish Warrior And Spanish Princess
10. Spanish Fantasy
11. On Green Dolphin Street

Recorded in 1977

Return to Forever(リターン・トゥ・フォーエヴァー)が登場したのが1970年代の初頭。ファースト・アルバム「Return To Forever」で、一世風靡した。1970年代のフュージョン・ミュージック、チック・コリアのファンタスティックな音楽が好きな方にははずせないライブ・レコードである。

4枚組のアルバム。最初の2枚(1〜6曲目)は、ライブの臨場感たっぷり。チック・コリアとベースのスタンリー・クラークがグイグイとリードし、まさにmusic magic(6曲目のタイトル)なのだ。

3〜4枚目は、"come rain or come shine"、"on green dolphin street"などのスタンダード曲もあり、フォー・ビートのジャズが楽しめる。

チックのコンサートは、これまでに東京やニューヨークで 何度か聴いたことがある。ソロやピアノ・デュオ、エレクトリック・バンドなど、その音楽スタイルは様々。でも、どんなスタイルでも、チックの明るいキャラクターは同じ。

この4枚組アルバム、全曲で約3時間。通しで聴いて、自宅でチックのライブを楽しんでみよう。

|

« 「変わりゆく有楽町」 丸井有楽町店がまもなくオープン | Main | 「イカはいかが?」 但馬学9月例会 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Return To Forever "LIVE":

« 「変わりゆく有楽町」 丸井有楽町店がまもなくオープン | Main | 「イカはいかが?」 但馬学9月例会 »