« 「夏の夜の建築談義」 建築を学ぶ学生達と | Main | 「こだわりの木製ハンガー」 テレビ取材 »

August 21, 2007

Randy Weston "CARNIVAL"

Randy_weston_carnival

Randy Weston "CARNIVAL"

Randy Weston : p
Billy Harper : ts,fl
William Allen : b
Don Moye : ds,per
Steve Berrios : conga,per

1.Carnival
2.Introduction
3.Tribute To Duke Elington
4.Introduction
5.Mystery Of Love

Recorded on July 5,1974

私が持っているランディ・ウェストンの唯一のアルバム。ランディ・ウェストンと言えば、アフリカン・ピアノと頭に刷り込まれている。ランディはアフリカ系アメリカ人のジャズ・ピアニストである。1960年代の時代背景の中で、ジャズにも「アフリカ回帰運動」なるムーブメントがあり、その先鋭となった。ランディは1968年にはアフリカ北部モロッコのタンジールに移住し、そこを拠点にジャズの演奏活動を行なった。

ランディは、ジャズ・ピアニストのセロニアス・モンクの影響を強く受けたピアニスト。1曲目の"Carnival"は、カリプソ風の陽気なリズムに乗り、ランディのピアノは打楽器のように、微妙な和音をたたき出す楽しい演奏だ。

3曲目の"Tribute to Duke Ellington"は、ランディのソロ演奏。このモントルーのジャズフェスティバルの演奏の2ヶ月前に亡くなったデューク・エリントンに捧げた演奏。一聴、取っ付き難いところもあるが、何回も聴くうちにランディの音楽センスに引き込まれる。

|

« 「夏の夜の建築談義」 建築を学ぶ学生達と | Main | 「こだわりの木製ハンガー」 テレビ取材 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Randy Weston "CARNIVAL":

« 「夏の夜の建築談義」 建築を学ぶ学生達と | Main | 「こだわりの木製ハンガー」 テレビ取材 »