« Weather Report "TALE SPPINNIN'" | Main | レセプションを終えて 自宅裏の山と川を眺めながら »

July 14, 2007

You can do it ! 竹中平蔵・講演会

070713_takenakaheizo1

慶応義塾大学教授、前・総務大臣の竹中平蔵さんの講演会に参加した。これはグロービス建学15周年記念のトップセミナーとして行なわれた。最初に、竹中氏による講演、テーマは「なぜ変革を実現できたのか」。その後、グロービス大学院の堀義人学長が登壇し、対談形式でお話が続く。最後は、会場から質疑応答、大阪校、名古屋校も中継で繋がっている。

堀さんとは、先日の「あすか会議」でご一緒し、前日の「青山・ハンガー・ショールーム」のレセプションにも家族で来ていただいたので、なにかとお話が身近に感じられる。堀さんも、経済人として、一個人として、政治とどう関わったら良いのか、いつもいろんなところで発言されている。

そんな問題意識の高い堀さんと、小泉内閣の中枢にいた竹中氏の論理明快な問答対談は、とても内容の濃い、判りやすい内容であった。時間がアッと言う間に経ってしまった。

070713_takenakaheizo2

やはり、現時点で竹中さんと言えば、小泉内閣の閣僚として日本の構造改革、不良債権処理、郵政民営化など、大改革を遂行した中心人物。その竹中さんが「なぜ変革ができたか」を語るのだから、とても説得力のあるお話であった。全てを書くわけにはいきませんが、そのエッセンスを記しておきたい。

◉小泉首相のリーダーとして卓越しているところは、「パッション」(ぶれない志)「関係者と直接対話する能力」

◉「戦略は細部に宿る」 結果を出すためには、枠組み、時間軸、組織、権限を駆使する。

◉「世界を知る」 日本は素晴らしい国だ、しかし、海外から学ぶことはさらに大切である。

◉「大切なことは、良い友達を持つこと」 選んで行くプロセスが付き合い。話す価値(時間共有する)のある友達を求める努力をする。

◉ Japan as a global playerとして大切なことは、「個人の力量」。ペースをこちらに引き込み、存在感を出すには、(コンファレンスなどでは)、一番最初に発言する、一番前に座ること。印象を与えないと存在しないのと同じことになってしまう。

◉「志」があれば仲間は集まってくる

◉これからのリーダーは、構想力(自分の頭で考える)、語る能力(説得する)、組織を作って活用する力が大切である。

これまで、何度か竹中氏のお話をお聴きしたことがあるが、大臣経験後の竹中氏は、一言一言に、体験に裏打ちされた説得力が増した気がした。

|

« Weather Report "TALE SPPINNIN'" | Main | レセプションを終えて 自宅裏の山と川を眺めながら »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference You can do it ! 竹中平蔵・講演会:

« Weather Report "TALE SPPINNIN'" | Main | レセプションを終えて 自宅裏の山と川を眺めながら »