« 台北は曇り空。経済は? | Main | 担仔麺 素朴な民衆の味 »

July 05, 2007

台北の新しい繁華街 都市は均質化する 

070705_shingi1_1

今日は朝からずっと、ハードなビジネス・ミーティング。アッと言う間に夜になってしまったと言う感じ。仕事を終えて、食事をするために頂好(ディンハオ)・東区に来た。今、台北で一番の繁華街であり、最も新しく開発された地域である。

その象徴が、この「TAIPEI101」である。現時点で世界で一番高いビル。高さ508m。低層階には、ショッピングモールがあり、最上階101階は展望台。88階には、世界一高い場所にあるレストランがある。

070705_shingi2

ここは、「新光三越信義新天地」。3年前新館がオープンし、台北の三越としては最大の売り場面積になっている。シネコンもある、先端のショッピングモールとなっている。

私が初めて台湾に来たのは、確か1986年、今から20年ほど前であった。当時はバイクと自転車が道路に溢れ、路地には、庶民の生活の匂いがそこかしこと漂っていた。少なくともこのような、ショッピングモールはなかった。

ここはほとんど日本の都市の一部と変わらない。ショップも日本とほとんど一緒のスーパーブランドのショップが並ぶ。都市化すると世界が均質化してくる。これをグローバル化と呼ぶのだろうか。

|

« 台北は曇り空。経済は? | Main | 担仔麺 素朴な民衆の味 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 台北の新しい繁華街 都市は均質化する :

« 台北は曇り空。経済は? | Main | 担仔麺 素朴な民衆の味 »