« 「時計ハンガー」 こんなのあってもいい? | Main | 台北の新しい繁華街 都市は均質化する  »

July 04, 2007

台北は曇り空。経済は?

070704_taipei1

昨年9月に続き、台湾(台北)出張。空港から市内に向かう途中。やっと開通した「台湾・新幹線」の高架橋とクロスする地点を通過。確か、2年前に開通する予定だったのが、2年遅れれたそうだ。こういうのって、こちらでは普通なのだろうか? 台湾の友人は、開通が遅れるのは、さも当たり前のようなことを言っていたのを思い出す。

台湾は、梅雨は6月初旬で終わり、暑い日が続いているそうだが、今日は曇り空。でも、蒸し暑さは相変わらずである。

070704_taipei2

ビジネス・パートナー曰く、「台湾の景気は、まあ、まあ」。会うといつも、日本と台湾の経済情勢の話を交わすのが挨拶代わりだ。これまでの彼とのやり取りからすると、「まあ、まあ」とは、台湾経済はかなり良いのではないか。

台湾の製造業の空洞化は、日本以上に凄まじいものがある。大規模も中小も製造業は、中国に工場を移し、国内のビジネスは、金融、小売などに向けられているそうだ。

中心部の道路を眺めると、車が主流だが、まだまだバイクの利用も日本と比較したら多い。車はレクサスがあちこちで目に付いた。

|

« 「時計ハンガー」 こんなのあってもいい? | Main | 台北の新しい繁華街 都市は均質化する  »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 台北は曇り空。経済は?:

« 「時計ハンガー」 こんなのあってもいい? | Main | 台北の新しい繁華街 都市は均質化する  »