« 「ガラス戸からアミ戸へ」 夏も近づく | Main | 「ジュウニヒトエ」 ツバキやツツジの下にひっそりと »

May 14, 2007

Jack De Johnette "SPECIAL EDITION"

Jack_de_johnette_special_edition

Jack De Johnette "SPECIAL EDITION

Jack DeJonette : ds,p,melodica
David Murray : ts,bcl
Arthur Blythe : as
Peter Warren : b

1.One For Eric
2.Zoot Suite
3.Central Park North
4.India
5.Journey To The Twin Planet

Recorded Mar. 1979

ジャック・デジョネットと言えば、近年ではキース・ジャレットで一世風靡した「スタンダード・トリオ」でのドラムを思い出す人が一番多いのではないでしょうか。スタンダード曲を弾くキースのピアノと、ゲーリー・ピーコックのベースと、このデジョネットのドラムのコラボレーションはファンタスティックで、私も大好きです。

ただ、それだけ知ってデジョネットを語るなかれ。デジョネットは、ただのドラマーではなく、ピアノも弾くし、マルチに楽器をこなし、作曲、編曲、さらには、バンドを編成しリーダーとなる、まさにトータル・ミュージシャンなのだ。その才能はただ者ではない。

スペシャル・エディションは、デジョネットによって編成された1970年代後半のジャズ最強コンボの一つだと思う。決してヤワな演奏ではない。かつて’60年代のジャズが持っていた、緊張感、挑発、高揚感、を感じる硬派な演奏である。

1曲目の"One for Eric"は、タイトルと曲想からして、バス・クラリネット、サックス、フルート奏者の亡きエリック・ドルフィーに捧げたものだろう。デイヴィット・マレイのバスクラがドルフィーの演奏を彷彿とさせる。

実際には、なかなかこのレコードには針を落とす回数は少なかったが、改めてじっくり聴いてみて”心を揺さぶられる”ものを感じた。3曲目"Central Park West"、"India"は、どちらもジョン・コルトレーンの作品も素晴らしい演奏。ドルフィーにコルトレーンをも結びつけ、消化し、あらたな魅力を紡ぎ出して行くデジョネットは、やはりただ者ではない。素晴らしい!

|

« 「ガラス戸からアミ戸へ」 夏も近づく | Main | 「ジュウニヒトエ」 ツバキやツツジの下にひっそりと »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Jack De Johnette "SPECIAL EDITION":

« 「ガラス戸からアミ戸へ」 夏も近づく | Main | 「ジュウニヒトエ」 ツバキやツツジの下にひっそりと »