« 「個人面談」 会社ビジョンと自己実現 | Main | エゴノキの白い花 »

May 19, 2007

Chick Corea "IN CONCERT, ZURICH, OCTOBER 28, 1979"

Chick_corea_in_concert

Chick Corea "IN CONCERT, ZURICH, OCTOBER 28, 1979"

Chick Corea : p
Gary Burton : vib

1.Senor Mouse
2.Bud Powell
3.Crystal Silence
4.Tweak
5.I'm Your Pal
6.Hullo Bolinas - Love Castle
7.Falling Grace
8.Mirror, Mirror
9.Song To Gayle
10.Endless Trouble, Endless Pleasure

Recorded on Oct. 28,1979

このアルバムはタイトル通り、1979年10月28日に、スイス北部の都市チューリヒで行なわれたコンサートの演奏が録音されている。このアルバムを聴く度に、その時の聴衆を想像してみる。つまり、私がそのコンサート会場にいたら、と言う話である。

それを表現するなら「夢のような」と言う言葉になるだろう。演奏している曲想ばかりではない決してない。チック・コリアとゲーリー・バートンの完璧な演奏を目の当たりにしている自分が浮かんでくる。

力強く、変幻自在なチックのピアノ。切れ味あり、心憎い左手のベース・ライン。チックのそれまでの代表的な演奏スタイル、つまり"Now he sings,now he sobs""Return to Forever"などで聴けるピアノ演奏のエッセンスが詰まっているのだ。

ゲーリーも最高だ。彼のリーダー・アルバム"Duster"にも書いたが、クールな演奏スタイルがなんとも好きだ。チックのこれでもか、と言う圧倒的なピアノに対して、ヴァイブと言う楽器でよくここまでコラボレーションできるなあ、と感心してしまう。

ま、ともかくそんな理屈抜きに、誰でも楽しめる最高級の演奏である。

|

« 「個人面談」 会社ビジョンと自己実現 | Main | エゴノキの白い花 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Chick Corea "IN CONCERT, ZURICH, OCTOBER 28, 1979":

« 「個人面談」 会社ビジョンと自己実現 | Main | エゴノキの白い花 »