« 政策金融に移行 | Main | 『新緑の阿瀬渓谷に金山の面影を訪ねる』 但馬学5月例会(その2) »

May 26, 2007

『新緑の阿瀬渓谷に金山の面影を訪ねる』 但馬学5月例会(その1)

070526_kinzan1

今日は但馬学5月例会。ここ、兵庫県豊岡市日高町阿瀬渓谷を訪ねた。「ひょうご森林浴場50選」のコースとして知られている人気のハイキング・コースでもある。阿瀬渓谷には48の滝があり、素晴らしい景観をつくっている。

今日の目的地は「金山廃村」。文字通り、室町時代に遡るが、阿瀬川の上流に金、銀の鉱脈があり、かつて1000軒を超える集落があった。

070526_kinzan2

今回の例会は、単なるハイキングではない。私にとって、いや参加者みんなにとって特別な例会と言っていいかもしれない。それは、「金山廃村」を案内していただくのは、その村を昭和37年12月26日に最後の住人として村を離れた冨山利一さん、ご本人なのだ。

冨山さんには、但馬学の例会でお話を伺ったことがある。1996年2月「廃村・金山の生活と山の恵み」のお話で、山の生活をお聞きし会員みんな多いに感動した。2000年4月の但馬学10周年記念行事で再び冨山さんのお話をお聞きしたのだが、村を降りるその瞬間のくだりは、何度聞いても心にジーンとくる。

考えてみれば、そんな冨山さんのお気持ちを思うと、「廃村の案内」なんてとんでもないことを依頼してしまったのかと心が痛んだが、かつてお聞きした冨山さんのお話は私の心の宝。今日は、現地で再びしっかりと心に刻みたいと誓った。

070526_kinzan3

第二駐車場まで車に乗り合わせて集合する。冨山さんにご挨拶をして出発。途中のコースを案内板で確認。

070526_kinzan4

歩き始めて、5分もしないうちに、道の脇にある大きな杉の木に遭遇する。かつて通り難い個所に道を付け替える為に岩を粉砕する為に発破を仕掛けた時に、その破片が多数、この杉に食い込んだそうだ。

「この杉の中にはいっぱい岩の破片が入っている。間違って伐って製材しようものならノコギリが一発でやられてしまう」と、いきなり冨山さん一流のユーモアたっぷりの案内が始まる。

070526_kinzan5

下から5つ目の滝「源太夫滝」(げんだゆうのたき)。阿瀬川と若林川の合流地点にある。まだ、歩き始めて10分も経っていないのに、渓谷の景観にみんな感動である。

070526_kinzan6

「ガラン橋」。今は鉄骨で架かっているが、よーく見ると橋の下には、昔架かっていた橋の木材が残っている。カズラを絡ませて架けたからカラミ橋、さらに訛ってガラン橋になったそうだ。

070526_kinzan7

2004年10月の台風23号の時に、倒れたスギ、ヒノキ。

070526_kinzan8

例会の担当をしたKさんと私は、この日の天気予報が気が気ではなかった。週間予報がでた1週間前の予報は「雨時々曇り」(>_<)。ところが前日になって、予報が突然「晴れ」。やったー!(^_^)の心境。

070526_kinzan9

「龍王滝」への岐路に経つ冨山さん。打合せのときは、少し脚を故障されていて途中までの案内と言うことでしたが、結局、今日は金山(きんざん)まで案内していただくことができた。龍王滝は、帰路に寄ることにする。

070526_kinzan10

但馬の5月は新緑が美しい。但馬学の5月例会は、毎年山、川に出向いて「気持ちよい季節」を満喫するように企画する。今年の5月例会も最高だ!

070526_kinzan11

「不動滝」。阿瀬渓谷の景色を満喫しながら、上、上へと登る。

070526_kinzan12

歩き始めて50分ぐらいで、「関西電力水取口」に遭遇する。阿瀬川の水の一部がここからトネンル通って、下流の「阿瀬発電所」の発電モーターを回す。

「金山廃村」までは、あと20分ぐらい。今日の行程の4分の3ぐらいまで来た。まだまだ、この上にかつて集落があった。最盛期には1000軒も。想像がつかない。

|

« 政策金融に移行 | Main | 『新緑の阿瀬渓谷に金山の面影を訪ねる』 但馬学5月例会(その2) »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『新緑の阿瀬渓谷に金山の面影を訪ねる』 但馬学5月例会(その1):

» 昭和30年 [TAJIMANIA Blog]
山道をこの手で担ぎ上げた発電機で、7戸の山村に電気がともった。 それから7年後の昭和37年12月26日、雪の強まる宵の口、最後の一家が山を下りた。 その冨山さんの案内 [Read More]

Tracked on May 29, 2007 09:34 AM

« 政策金融に移行 | Main | 『新緑の阿瀬渓谷に金山の面影を訪ねる』 但馬学5月例会(その2) »