« 「決算棚卸し」 今日は会社の大晦日 | Main | Al Di Meola "CASINO" »

April 28, 2007

「但馬弁を探る」 但馬学4月例会

070428_tajimagaku3

山を越え、谷を渡り、ではないけれど、5月を目前に控えた快晴のもと、車を走らせるのは気持ちがいいもんだ。今週は東京だったので、打って変わって、この風景は、心の最高のリフレッシュだ!

070428_tajimagaku4

今日は但馬学研究会の4月例会。向かった先は、竹野浜(兵庫県豊岡市竹野町竹野)。会場である「御用地館」(おようじかん)には駐車場が少ないので、川を渡って向こう岸の駐車場に車を止める。橋から向こうはすぐ日本海。ここは竹野川の最下流、河口である。

070428_tajimagaku1

今日のテーマは「但馬弁」。そう、この地方の方言について。このテーマは、ずっと以前から、みんなでいつかやりたいね、と暖めていたテーマ。ただ、余りにも身近過ぎて、返って難しいテーマでもあった。

今日の講師は、竹野町在住の山田寿夫氏。竹野町、大屋町の方言を研究された方である。「方言を収集するには、いきなり訊ねてもダメ。その地域の人に溶け込み、その地域の民俗にも精通することが大切だ」と説明がある。至極、納得である。

070428_tajimagaku2

消えゆく方言。懐かしい方言。山を越えると方言も全くことなる。そんな事例を出し合いながら笑い声と共に例会は進む。

美しい風景=きれいげな けしき、あじけえ
美人=べっぴん
全部=でんぶ、ありこまち、こけむけ、まるこ、まるごと
必ず=ぜってい、しゃっても、せってゃあー、どんでも
気の毒=けべぇーそーに、かわーしゃげな
干し大根=ほしでーこん、ほしだゃーこ
漬け物=こうこ、つけもん、くもじ

みんなで自分の地域の方言を上げて行く。私は残念ながらほとんど方言に疎い。聞いていて知らないものばかり。勉強になったというか、驚いたと言うか、こりゃあ、「方言」はとてつもないテーマなんだとだけは,しっかりと理解できました。(^_^;;

|

« 「決算棚卸し」 今日は会社の大晦日 | Main | Al Di Meola "CASINO" »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「但馬弁を探る」 但馬学4月例会:

« 「決算棚卸し」 今日は会社の大晦日 | Main | Al Di Meola "CASINO" »