« 朝来特産『黒大豆みそ』 不思議なご縁 | Main | 「技あり!のハンガー」 テレビ取材 »

March 22, 2007

John Abercrombie "TIMELESS"

John_abercrombie_timeless

John Abercrombie "TIMELESS"

John Abercrombie : g
Jan Hammer : org, synth, p
Jack DeJohnette : ds

1. Lungs
2. Love Song
3. Ralph's Piano Waltz
4. Red And Orange
5. Remembering
6. Timeless

Recorded on June 21 and 22, 1974

私がこのアルバムを購入したのは、ほかでもないジャケットが気に入ったからだ。ジャズの(別にジャズでなくても)レコードを買ったり、ジャズ喫茶などでチェックしたり、ジャズ雑誌などを見続けていると、ジャケットを見ただけで、おおよそ、そのアルバムがどんな演奏なの見当がつく。そのミュージッシャンにとってどんな位置づけの、つまり、新しいモノへのチャレンジか、リバイバルか、その力の入れようがわかってくる。

さて、このジョン・アバークロンビー"TIMELESS"に話を戻そう。主役のジョン・アバークロンビーは、ニューヨーク生まれ、バークリー音楽院で音楽を学び、ロック・グループのギターもやった、と書けばおおよその想像がつくであろうか。ジャズとロック、クラシカルな手法、音楽のいろんな要素が融合(フュージョン)している。敢て形容すれば、ファンタスティック、前衛的、クールな演奏スタイルである。

キーボードのヤン・ハマーは、チェコスロバキア(プラハ)生まれと言うから、つい、ウェザーリポートのキーボード奏者ジョー・ザビヌルを思い出してしまう。作曲、編曲にどこか共通のものを感じてしまう。

激しい曲もリリカルな曲も、前面から、後方からジョンのギターに絡むヤン・ハマーのキーボードにも注目したい。

|

« 朝来特産『黒大豆みそ』 不思議なご縁 | Main | 「技あり!のハンガー」 テレビ取材 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference John Abercrombie "TIMELESS":

« 朝来特産『黒大豆みそ』 不思議なご縁 | Main | 「技あり!のハンガー」 テレビ取材 »