« 『ロングテールの法則』 80対20の法則を覆す | Main | スタンドハンガーを開発中 »

March 07, 2007

Gil Evans "LIVE AT THE PUBLIC THEATER"

Gil_evans_public_theater

Gil Evans "LIVE AT THE PUBLIC THEATER"

Gil Evans : arr,key
菊地雅章 : syn
Pete Levin : syn
Arthur Brythe : as
Hannibal Marvin Peterson : tp
Lou Soloff : tp
Jon Faddis : tp
George Lewis : tb
Tim Landers : b
Billy Cobham : ds 
etc.

1. Anita's Dance
2. Jelly Roll
3. Alyrio
4. Variation on the Misery
5. Gone, Gone, gone
6. Up from the Skies

Recorded Feb.8, 9 ,1980

ギル・エヴァンスがついに登場(してしまった)。私にとって、ギル・エヴァンスは気になるミュージシャンの一人。いつも聴こうと思うギルではないが、いつも「聴こうかな?」と頭に存在しているギルである。実際に、どう紹介していいのか、書き始めてもさっぱりイメージがわいてこない。(今、このアルバムを聴きながら)

ギルを入れて14人編成のバンド。いわゆる、スィングするビッグ・バンドとは全く違う。どちらかと言うとやや難解な演奏と言える。だが、よーく聴くと、そこにはギル特有の作曲・編曲によるオーケストレーションがある。

学生時代のジャズ好きの親友とは、親しみを込めて「ギルじいさん」と呼んでいた。このアルバムの時で67歳だから、決しておじいさんではないのだが、どこか風貌がそう言わせたのかも。

かつては、マイルス・デイビスとの共作の名アルバム「スケッチ・オブ・スペイン」を生み出す。

なんか支離滅裂な紹介になってしまいました。(^_^;;
(ま、それぐらい特異なギル・エヴァンスの音楽と理解いただければ。)
(だから、このアルバムを記事にするのが遅れに遅れてしまったのです)

|

« 『ロングテールの法則』 80対20の法則を覆す | Main | スタンドハンガーを開発中 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Gil Evans "LIVE AT THE PUBLIC THEATER":

« 『ロングテールの法則』 80対20の法則を覆す | Main | スタンドハンガーを開発中 »