« 「畑ヶ平(はたがなる)開拓の歴史」 但馬学10月例会(新温泉町) | Main | 「企業・役員用のハンガー」もフリーハンドで製作 »

October 29, 2006

Art Pepper "MEETS THE RHYTHM SECTION"

Art_pepper_meets_the_rhythm_section__1

Art Pepper "MEETS THE RHYTHM SECTION"

Art Pepper : as
Red Garland : p
Paul Chambers : b
Philly Joe Jones : ds

1. You'd Be So Nice to Come Home To
2. Red Pepper Blues
3. Imagination
4. Waltz Me Blues
5. Straight Life
6. Jazz Me Blues
7. Tin Tin Deo
8. Star Eyes
9. Birk's Works

Recorded on Jan 19, 1957

以前、紹介したアート・ペッパーの”"AMONG FRIENDS"の記事で、「私は後期のアート・ペッパーが好きだ」と書いたが、やはり初期もいい。この"Meets the Rhythm Section"は、多くのジャズファンが認める名盤中の名盤だ。

タイトルは、ウエスト・コースト派の白人アルトサックス奏者であるペッパーが、当時マイルス・デイビスのリズムセクションを務めていた、レッド・ガーランド(p)、ポール・チェンバース(b)、フィーリー・ジョー・ジョーンズ(ds)の黒人リズムセクションとの共演を意味している。

お薦めの曲は、何と言っても1曲目"You'd Be So Nice to Come Home To”。リズムセクションの好サポートを得て、ペッパーの哀愁を帯びたアルトサックスがクールに鳴る。必聴である。

|

« 「畑ヶ平(はたがなる)開拓の歴史」 但馬学10月例会(新温泉町) | Main | 「企業・役員用のハンガー」もフリーハンドで製作 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Art Pepper "MEETS THE RHYTHM SECTION":

« 「畑ヶ平(はたがなる)開拓の歴史」 但馬学10月例会(新温泉町) | Main | 「企業・役員用のハンガー」もフリーハンドで製作 »