« 韓国 最も近い国へやっと | Main | 「国立中央博物館」(韓国) 歴史の息吹き、文化の力 »

September 17, 2006

楽しみにしていた韓国料理

060916_korean1

韓国訪問は初めてなので、本場の韓国料理が楽しみだ。まず頭に浮かぶのは焼肉。(韓国は初心者なもんで)(^_^;; 骨付きカルビを焼いている。ハサミでバシバシと骨部を切り落としてくれる。なんとも豪快。

060916_korean2

チシャの葉に包んで、食べるのが美味しい。今回は、梨泰院(イテウォン)にあるカルビのお店に立ち寄った。

060916_korean3

参鶏湯(サムゲタン)。これも是非食べたい料理であった。鶏の幼鳥を丸ごと1羽を使い、おなかの中には、もち米、高麗人参、ナツメ、栗、ニンニク、銀杏が詰めて、じっくりと煮てある。やや、薄味なので、好みに応じて、自分で塩と胡椒を足しながら食べる。今回のソウルの食事で、一番でした。(^_^)

060916_korean4

石焼ピビンパ。これもいろんな流儀があるようだが、私が頂いたのは、北朝鮮との国境を展望する「統一展望台」の麓にあるレストラン。器が熱い間に、具とご飯を混ぜて頂く。下の方はお焦げができて、これがまた香ばしい。キムチを放り込んで一緒に食べると、辛さと熱いのとで、口の中で爆発する。ああ、韓国に来ているんだ、と実感がわく。(^_^)

|

« 韓国 最も近い国へやっと | Main | 「国立中央博物館」(韓国) 歴史の息吹き、文化の力 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 楽しみにしていた韓国料理:

« 韓国 最も近い国へやっと | Main | 「国立中央博物館」(韓国) 歴史の息吹き、文化の力 »