« ブラシとクツベラ、そしてハンガーと | Main | Phil Woods "MONTREUX JAZZ FESTIVAL" »

September 30, 2006

おじいちゃんの法事

060930_houji1

祖父の17回忌の法事を行なった。祖父の名前は「要太郎」。戦後の社名「要商店」の「要」の一文字に現れている。大正時代に「荒物屋」(雑貨店)の商売を始めました。

祖父は96歳で亡くなった。とても信心深い人で、私が子供の頃は、ある時はとても優しい、ある時はとんでもなくコワい、おじいちゃんでした。90歳を超えるまで、自転車に乗り、畑仕事をし、庭の手入れまで全部おじいちゃんがやっていた。

朝5時に起きて、畑に行ったり、庭のあちこちを手入れしたりしていました。夜は測ったように日本酒をお銚子ちょうど1本。小食で、痩せ形であった。明治の人だから、私(孫)とは、考え方の相違はいっぱいあったが、妙におじいちゃんの言うことには従った。

060930_houji2

自宅から歩いて5分もかからない所にお墓がある。お坊さんには家の仏壇にお参りしていただいた後、お墓までみんなで行き、再度お経をあげていただいた。このお墓のこの風景は2、3年後にはなくなる。2004年の台風23号被害による円山川改修工事により、お墓の移転が決まっている。

|

« ブラシとクツベラ、そしてハンガーと | Main | Phil Woods "MONTREUX JAZZ FESTIVAL" »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference おじいちゃんの法事:

« ブラシとクツベラ、そしてハンガーと | Main | Phil Woods "MONTREUX JAZZ FESTIVAL" »