« 「ARTPHERE」 鞄の街に待望の鞄ショップがオープン | Main | いいスタンドハンガーがないかな? »

September 20, 2006

Miles Davis "PANGAEA"

Miles_davis_pangaea

Miles Davis "PANGAEA"

Miles Davis : tp, org
Sonny Fortune : ss, fl
Pete Cosey : g, synth, perc
Reggie Lucas : g
Michael Henderson : b
Al Foster : ds
Mtume : perc

1.zimbabwe
2.gondwana

Recorded on Feb.1 ,1975

何十回も聴いたアルバム。このアルバムの凄さをどう表現したらいいのだろうか。戦慄のアルバムである。この演奏は1975年大阪フェスティバル・ホールでの「夜の部」のライブ。 「昼の部」は別に「アガルタの凱歌」として発表されている両方ともマイルスの凄まじいばかりのトランペット演奏が聴ける。ただ、私はどちらかと言うとこの"PANGAEA"(パンゲア)が好きだ。

1曲目は"zimbabwe"。ドラム、ベース、ギターの順に演奏が始まり、一気にマイルスのハイ・トーンが炸裂する。これだけ「吹く」マイルスがあっただろか?演奏される曲は最少限のモチーフ(主題)や決めごとがあるが、あとはステージでのimprovisation(即興)である。こんなにスリリングで、密度の濃い、演奏があるだろうか?まさに、空前絶後と言うしかない。

2曲目は"gondwana"。ソニー・フォーチュンのフルートが印象的。ある夜、この曲を聴きながら寝ていて夢を見たことがある。幽玄の世界をさまよい歩いていた。私の意識では「雅楽」であった。どうしてマイルス・グループでこんな演奏ができるのであろう?しかも、ステージでのimprovisationで。

マイルス・デイビスはヤメられない

|

« 「ARTPHERE」 鞄の街に待望の鞄ショップがオープン | Main | いいスタンドハンガーがないかな? »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Miles Davis "PANGAEA":

« 「ARTPHERE」 鞄の街に待望の鞄ショップがオープン | Main | いいスタンドハンガーがないかな? »