« 「総本家・浪花そば」 鴨せいろがお薦めだ  | Main | 「司馬遼太郎記念館」 竜馬に会いに行こう »

August 01, 2006

Wes Montgomery "A DAY IN THE LIFE"

Wes_montgomery_a_day_in_the_life

Wes Montgomery "A DAY IN THE LIFE"

Wes Montgomery : g
Harbie Hancock : p
Ron Carter :b
Grady Tate : ds
with the orchestra cond.&arr. by Don Sebesky

1.A Day in the Life
2.Watch What Hoppnes
3.When a Man Loves a Woman
4.California Nights
5.Angel
6.Eleanor Rigby
7.Willow Weep for Me
8.Windy
9.Trust in Me
10.The JokerR

Rcorded on Jun.6-8, 1967

なんだかんだとウェス・モンゴメリーのアルバムで、一番たくさん聴いているのはこの"A DAY IN THE LIFE"。「なんだかんだ」とは、よくこのアルバムをムード・ミュージッックとか、イージー・リスニングとか言うジャンルに当てはめてしまい、ジャズらしくない、なんて議論をする時代があったからだ。1960年代〜70年代にかけて、CTIレーベルから出されたアルバム・シリーズがそれだ。クリード・テーラーがプロデュースし、ドン・セベスキーが編曲&オーケストラの指揮をとる。

ジャズとは何か?かなんて肩肘張らずに(あの頃は張っていた)(^_^)、グラスでも傾けながらリラックスして聴くと良い。メロー(熟した)な編曲、演奏なのだ。

ウェス・モンゴメリーのことについて触れなかったが、ジャズ・ギタ−の神様、仏様、みたいな存在。ピック(ギター弦を引っ掻く)を使わず、親指で弾くことや「オクターブ奏法」の生みの親、楽譜は読めなかった、など、伝説的なギタリストである。その辺りは、またウェス・モンゴメリーの他のアルバムでご紹介したい。

|

« 「総本家・浪花そば」 鴨せいろがお薦めだ  | Main | 「司馬遼太郎記念館」 竜馬に会いに行こう »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Wes Montgomery "A DAY IN THE LIFE":

« 「総本家・浪花そば」 鴨せいろがお薦めだ  | Main | 「司馬遼太郎記念館」 竜馬に会いに行こう »