« 「ワンページ標準」ハンガー製作手順書 | Main | おっ月さん! »

August 08, 2006

「季節を表現する組み木」ミシン鋸を駆使して

060807_kumiki1

「組み木」とは、「木片と木片を組み合わせて遊ぶ」「穴のあいた積み木を棒で組み合わせていく」「動物のシルエットを描いたパズルの様な図案をミシン鋸で切り取ってある玩具」などと、いろんな解説がある。どの説明にも共通しているのが、木の温もり、図案の発想力、組み合わせの妙を楽しむ木製品であること。ミシン鋸を使用していること、などである。

060807_kumiki2

我が社も数年前からこの「組み木」の製作を行なっている。ミシン鋸の技術と切り抜いた木片に着色を施して行く「気が遠くなる様な」(^_^)作業が必要となる。我が社では、季節を表現する組み木シリーズを製作しています。ミシン鋸の達人、着色をするスタッフなど、専門チームを組んで一人でも多くの方に、組み木を楽しんでいただくように努力しています。

画像は、季節シリーズの組み木である。4月「サクラ」、5月「鯉のぼり」、6月「カタツムリ」、7月「海とクジラ」、8月「アサガオ」、9月「中秋の名月」、10月「ハローウィン」、11月「落ち葉」、12月「クリスマス」、1月「お正月」、2月「節分」、3月「ひな祭り」。

|

« 「ワンページ標準」ハンガー製作手順書 | Main | おっ月さん! »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「季節を表現する組み木」ミシン鋸を駆使して:

« 「ワンページ標準」ハンガー製作手順書 | Main | おっ月さん! »