« 「鰻一筋 うな幸」 看板に偽りなし | Main | Wedding Concert in Hamamatsu »

August 25, 2006

Chick Corea "RETURN TO FOREVER"

Chick_corea_return_to_forever

Chick Corea "RETURN TO FOREVER"

Chick Corea : electric piano
Joe Farrell : flutes, soprano sax
Flora Purim : vocal, percussion
Stanley Clarke : electric bass, double bass
Airto Moreira : drums, percussion

1. Return to Forever
2. Crystal Silence
3. What Game Shall We Play Today
4. Sometime Ago - La Fiesta

Recorded on Feb. 2and3,1972

何度聴いても、イマジネイティブな気持ちにさせてくれる。チック・コリアが弾くエレクトリック・ピアノの音、アイアート・モレイラのドラミングが好きだ。特に、4曲目の"sometime ago - la fiesta"での奏者全員が熱く燃えていくような演奏がいい。タイトルでも判るように、スパニッシュ・テイストな曲想。その後のチック・コリアのコンサートやアルバムでは、何度も登場してくる。

このチック・コリア"RETURN TO FOREVER"が登場したことにより、1970年代初頭に「フュージョン」と言うジャンルが言われるようになった。アドリブよりもグループのトータル・サウンドを優先させた。

「毒にも薬にもならないフュージョン・ミュージック」と言う人もいるが、私もそれに近い感想を持つ。しかし、この"Return To Forever"は違う。あの"Now He sings, Now He Sobs"のピアノ・トリオ演奏、そして「サークル」でのフリー・ジャズ的な衝撃の演奏を聴かせてくれるチック・コリアがあっての、フュージョンである。

|

« 「鰻一筋 うな幸」 看板に偽りなし | Main | Wedding Concert in Hamamatsu »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Chick Corea "RETURN TO FOREVER":

« 「鰻一筋 うな幸」 看板に偽りなし | Main | Wedding Concert in Hamamatsu »