« spessoシリーズ 人気の秘密 | Main | 第2回「あすか会議」チャレンジしよう!(その1) »

July 12, 2006

George Benson "IN CONCERT-CARNEGIE HALL"

George_benson_in_concert

George Benson "IN CONCERT-CARNEGIE HALL"

George Benson : guitar
Hubert Laws : flute
Ronnie Foster : keyboards
Wayne Dockery : bass
Will Lee : bass
Steve Gadd : drums
Marvin Chappell : drums
Andy Newmark : Drums
Ray Armando : percussion
Johnny Griggs : percussion

1.Gone
2.Take Five
3.Octane
4.Summertime

Recorded on January 11, 1975

ジョージ・ベンソンの最高傑作だと思う。しかも、コンサートならではのこの演奏。録音も素晴らしい。演奏している4曲全てに、それぞれの味わいがあって、全曲お薦めだ。

1曲目は"ゴーン"。ゆっくりとしたテンポで始まるベンソンのオリジナル・ブルース。ベンソンとフルートのヒューバート・ロウズの掛け合いをじっくりと聴いて欲しい。

2曲目は"テイク・ファイブ"。アルト奏者のポール・デスモンドが作曲したジャズの名曲。ここでの、ベンソンのアドリブは圧巻だ。テクニックも超絶、ファンキーな演奏が繰り広げられる。

3曲目は"オクタン"。タイトル通り、ハイオク満タンで駆け抜けるスポーツカーの如き、エキサイティングな演奏。参った!と言わされる。

4曲目は"サマータイム"。「ツァラストラはかく語りき」のイントロでスタート。やがてストリングスでサマータイムの演奏が始まり、そこにベンソンのボーカルがかぶさってくる。ギターのアドリブのと合わせて唱うスキャットは、後のベンソンの象徴となる。これはもう聴いてもらうしかない。

|

« spessoシリーズ 人気の秘密 | Main | 第2回「あすか会議」チャレンジしよう!(その1) »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference George Benson "IN CONCERT-CARNEGIE HALL":

» ジョージ・ベンソン [ジャズ・ミュージシャン.com]
ジョージ・ベンソンジョージ・ベンソン(George Benson, 1943年5月22日-)はアメリカペンシルバニア州ピッツバーグ出身のジャズ・フュージョン (音楽)|フュージョンを中心に活動しているギタリストで歌手。代表作に''... [Read More]

Tracked on July 19, 2006 04:22 AM

« spessoシリーズ 人気の秘密 | Main | 第2回「あすか会議」チャレンジしよう!(その1) »