« Alice Coltrane "ILLUMINATIONS" | Main | 「意味がなければスイングはない」 村上春樹  »

May 09, 2006

「羊人間」登場! NY若手陶芸家Kenjiro Kitade

060430_ceramic2_1

Statement
Sheep have been used in many metaphoric expressions, proverbs and allegorical stories among different cultures. “Obedience” and “Cowardice” are the typical imagery of how sheep have been portrayed. The relationship between a shepherd and sheep symbolize the relationship between the rule and the ruled. In the guise of sheep, I can present human frailty. The sheep is a metaphor and is use to demonstrate human shortcoming.
by Kenjiro Kitade

060430_ceramic1

ユーモアのある? もの悲しい? アイロニー(風刺の効いた)? 私はこの何とも言えない表情に引き込まれた。ニューヨークで活躍する、日本人の若手陶芸家Kenjiro Kitade氏の作品である。

Kitade氏のstatementにあるように、羊は人間のたとえ話にしばしば登場する。人間の弱さ、従順さ、などの比喩となることが多い。Kitade氏の作品は、「羊人間」を登場させて、人間の根源を表現しているように見えた。この作品に惚れ込んでしまった。

2月にニューヨークに行ったときに、Meat Packing Districtにあるhpgrp NY galleryで、この作品と出会った。ちょうど個展の準備中であった。作者のKitade氏それに、galleryのproducer山谷氏(写真家でもある)とも会い、しばらく歓談できたのが楽しい思い出。二人ともNYで活躍する若い日本人アーティスト。これからの活躍が楽しみだ。

060430_ceramic3

この作品をどこに飾るか、家の中をしばらくあちこちと巡回していったが、3ヶ月経ってようやく定位置が決まってきた。土壁と窓枠。日差しによる光と影。今は、こんなところで毎日出会っている。

|

« Alice Coltrane "ILLUMINATIONS" | Main | 「意味がなければスイングはない」 村上春樹  »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「羊人間」登場! NY若手陶芸家Kenjiro Kitade:

« Alice Coltrane "ILLUMINATIONS" | Main | 「意味がなければスイングはない」 村上春樹  »