« GWと伊勢丹と収納とハンガーと | Main | 野菜のレストラン 旬の野菜が美味しい »

May 06, 2006

Branford Marsalis in Blue Note Tokyo

060505_branford1

Golden Week! 仕事で東京に来ているが、せめて夜は楽しくと南青山にあるブルーノートに行った。ウゥブサイトで今日の出演者を確認すると、なんとブランフォード・マルサリスではないか!即座に電話して予約。最近はライブを聴く機会が少ないのが、少し気になっていた。これからはせっせとコンサートに足を運ぼうかと思っていた矢先なので、いい巡り合わせだ。

060505_branford2

今晩の演奏者は、
Branford Marsalis (sax),
Joey Calderazzo (p),
Eric Revis (b),
Jeff "Tain" Watts (ds)

ワインとオリーブの実をつまみながら開演を待つ。定刻通り、プレーヤーが登場。ブランフォードの「こんばんは!」のひと言の後、演奏開始。そしてなんとなんと、1分か2分もしないうちに、ブランフォードの白熱のプレーがいきなり始まった。聴衆は一気に演奏にのめり込む。「ああ、これだ!」と、私も思わず「イェーッ!」の連発である。ブランフォードの生演奏は初めて聴くが、今後しっかりとチェッックしよう。

それに、ピアノのジョーイ・カルデラッツォの演奏も最高だ!ある曲では、チック・コリアのサークル時代ににも通じるタッチ。セロニアス・モンクの曲では、セロニアス独特の奏法を再現。でも、本当は、ジョーイ自身の演奏スタイル・歌心なのだと最後は納得。

蛇足ながら、ブランフォードは、トランペットの雄・ウィントン・マルサリスの兄。1960年生まれ。音楽一家に育つ。確か、元ポリスのスティングとの共演も行なっている。彼の本当の音楽性がでるのはこれからではないか。

060505_branford3

このメンバーで聴けるCDは、"eternal"

|

« GWと伊勢丹と収納とハンガーと | Main | 野菜のレストラン 旬の野菜が美味しい »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Branford Marsalis in Blue Note Tokyo:

« GWと伊勢丹と収納とハンガーと | Main | 野菜のレストラン 旬の野菜が美味しい »