« 『ウェブ進化論』 梅田望夫 | Main | 「ロジスティクスと卓球」 どちらも日本一だ! »

April 18, 2006

Sonny Rollins "SAXOPHON COLOSSUS"

sonny_rollins_saxophone_colossus

Sonny Rollins "SAXOPHON COLOSSUS"

Sonny Rollins, tenor sax
Tommy Flanagan, piano
Doug Watkins, bass
Max Roach, drums

1 St. Thomas
2 You Don't Know What Love Is
3 Storode Rode
4 Moritat
5 Blue Seven

Recorded on Jun 22,1956

ジャズ・アルバムの名盤中の名盤。あまりにも有名なアルバムなので、一体何を書こうか悩んでしまう。聴き所は、1曲目の"St.Thomas"。ロリンズ作曲。カリブ海風のラテンぽい演奏が最高。ロリンズのテナーは、「奔放磊落」と言うのだろうか。豪快な演奏である。名脇役のトミー・フラナガンのピアノも最高。上品でセンスがよく、美しい。次に、3曲目の"Strode rode"。ここではバリバリのロリンズのアドリブとコンボ一体となった緊迫した演奏が聴ける。

|

« 『ウェブ進化論』 梅田望夫 | Main | 「ロジスティクスと卓球」 どちらも日本一だ! »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Sonny Rollins "SAXOPHON COLOSSUS":

« 『ウェブ進化論』 梅田望夫 | Main | 「ロジスティクスと卓球」 どちらも日本一だ! »