« まだ幼いソメイヨシノだが満開は満開だ | Main | 胡蝶侘助(コチョウワビスケ) 可憐な花 »

April 09, 2006

「祭りの準備」 神社の清掃

060409_jinja1

私の住んでいる地域には、「日役」と言うのがある。近所の溝掃除や神社の清掃、春と秋の祭り、など地域と密着した清掃や行事を共同で行なう。今日は、自宅からすぐ近くの神社の清掃である。明日10日にある春祭り(私たちは「金比羅さん」と呼んでいる。)の準備である。

060409_jinja2

「日役」には、おそらく100人近い人が来ているのだろう。1軒から一人が参加することになっている。草取り、落葉掃き、本殿の拭き掃除、溝掃除、などを一斉に行なう。一応、区長さんや神社の総代さんなんかがいるが、誰がその場を仕切るわけではなく、それぞれの隣保(隣組)単位で、固まって清掃をしていく。始まりの合図があるわけでなく、終わりの声が掛かるわけではない。昔からの慣例で、物事が進むのだろう。会社のマネジメント感覚に染まっている私には、最初は何とも奇妙で居心地が悪かったが、難しいことを考えずに身体を動かし、奇麗になっている境内を見ていると、これはこれで気持ちがいいもんだと、納得している自分に気がつく。(^_^;;

060409_jinja3

奇麗になった境内。左に見えるのが神社の「控え所」。行事の時に大活躍する。私が小学校の頃までは、秋祭りには、男の大人達はここに籠って、火を焚き、酒を飲み、夜を明かしたそうだ。春祭りには、屋根から「もちまき」がある。また、「子供大相撲」がある。私自身も、餅を拾い、相撲をとった懐かしい思い出がある。

|

« まだ幼いソメイヨシノだが満開は満開だ | Main | 胡蝶侘助(コチョウワビスケ) 可憐な花 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「祭りの準備」 神社の清掃:

« まだ幼いソメイヨシノだが満開は満開だ | Main | 胡蝶侘助(コチョウワビスケ) 可憐な花 »