« 「ロジスティクスと卓球」 どちらも日本一だ! | Main | 『ロールキャベツとジャズ』 青春ど真ん中! »

April 20, 2006

ヤマザクラ 素朴なサクラ

060418_yamazakura1

ヤマザクラ(バラ科)
明治の中頃にソメイヨシノが台頭し、主役を退くまで、サクラと言えばまず本種をさした。花と葉の展開は同調し、淡い花の中に、まだ赤みの強い、伸びきっていない葉が混ざる。この趣に情緒を感じる人も少なくない。東北南部以南に自生。萼(ガク)は無毛で、萼片は鋸歯(きょし)を欠く。材は浮世絵の版木にも。
『花おりおり その二』  湯浅浩史・著

060418_yamazakura2

私はまさに上述「この趣に情感を感じ」ていた。庭を全面的にお願いしている庭師Kさんを信頼し、いろんな木を植えているのだが、実はこんなに花を一斉に咲かしたのは、庭ができて14年経つが、初めてである。ヤマザクラの特徴は花と葉が同時に開く。庭を歩きながらでは、このヤマザクラの開花を実感できない。なぜなら空の薄い青、あるいは白い曇り空が、背景に入るので、ヤマザクラの開花を知ることはできにくい

しかし、3階のベランダから眺めると画像のようになる。向こうの山の麓にもサクラが咲いている。こんな光景を楽しむ「仕掛け」を建築設計の時点では大切にした。「借景」である。山の、そして山の麓のサクラと連携しながら、庭のヤマザクラはゆっくりと育っていって欲しいと思う。

|

« 「ロジスティクスと卓球」 どちらも日本一だ! | Main | 『ロールキャベツとジャズ』 青春ど真ん中! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ヤマザクラ 素朴なサクラ:

« 「ロジスティクスと卓球」 どちらも日本一だ! | Main | 『ロールキャベツとジャズ』 青春ど真ん中! »