« 「新・世界の傑作品に選ばれたハンガー」 monoマガジン | Main | 幸せ運ぶコウノトリ »

March 25, 2006

Tommy Flanagan "THE STANDARD"

tommy_flanagan_standard

Tommy Flanagan "THE STANDARD"

Tommy Flanagan : p
Reggie Workman : b
Joe Chambers : ds

1.softry as in a morning sunrise
2.night in tunisia
3.some day my prince will come
4.autumn leaves
5.it's all right with me
6.angel eyes
7.straight no chaser

Recorded on February 14, 1980

「スーパー・ジャズ・トリオ」=トミー・フラナガン、レジー・ワークマン、ジョー・チェンバースのトリオによる演奏。「いぶし銀」と言う表現がある。職人芸、玄人好み、本物、そんな意味合いで言えば、トミー・フラナガンのピアノ演奏は、まさに「いぶし銀」である。トミー・フラナガンは名脇役としての評価が高い。確かにジョン・コルトレーンやマックス・ローチ、ソニー・ロリンズなどのサイドマンとして名演奏をたくさん残している。このアルバムの私のお薦めは、1曲目の"softly as in a morning sunrise"、3曲目の"someday my prince will come"。洗練されたトミー・フラナガンのピアノ・プレイが堪能できる。もちろん、レジー・ワークマンの粘っこいベース、ジョー・チェンバースの軽快なリズムがあってのこと。ここでは、名脇役が主演男優賞候補の演奏をしている。

|

« 「新・世界の傑作品に選ばれたハンガー」 monoマガジン | Main | 幸せ運ぶコウノトリ »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Tommy Flanagan "THE STANDARD":

« 「新・世界の傑作品に選ばれたハンガー」 monoマガジン | Main | 幸せ運ぶコウノトリ »