« クマザサ 玄関へのアプローチ | Main | 「FINEBOYSに掲載」 裏方の道具にもこだわりを! »

March 06, 2006

「梅田百貨店戦争」 ”阪急村”大改造

060304_umeda-1

ここは大阪・梅田。JR、阪急、阪神、地下鉄が交差する大阪の中心部。写真はその中心部のメインともいえる阪急電鉄関連のビルが立ち並んでいる「阪急村」と呼ばれているところ。真ん中のJRを挟んで左側には、阪急ターミナルビル。そのさらに左に新阪急ホテルが見える。地下が「阪急三番街」。JRの右側の高層ビルが阪急グランドビル。その手前に阪急百貨店がある。写真では見えないが、その向こうに「HEP FIVE」 「HEP NAVIO」「イングス館」などの阪急系の商業施設がある。「大阪急村」である。

060304_umeda-2

そのなかでもこの「阪急百貨店」は、阪急のシンボルである。梅田地区の、いや関西の百貨店の代表格として君臨してきた。その阪急百貨店の建物が取り壊され、立て替えられる。2011年完成を目指した梅田地区の大改造プロジェクトである。 近隣には、阪神百貨店、大丸百貨店、ヨドバシカメラ、ロフト、などがあり、一大商業ゾーンとなっている。さらにそこに、同じ2011年に三越百貨店の進出が決まっている。大阪駅を囲むように4つの百貨店がひしめく構図ができあがる。まさに、百貨店の「梅田戦争」勃発ですHanger-Networkのハンガーは、このような商業ゾーンの活性化にたくさん必要とされる。しっかりとマークしてかなければ。

|

« クマザサ 玄関へのアプローチ | Main | 「FINEBOYSに掲載」 裏方の道具にもこだわりを! »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「梅田百貨店戦争」 ”阪急村”大改造:

« クマザサ 玄関へのアプローチ | Main | 「FINEBOYSに掲載」 裏方の道具にもこだわりを! »