« なぜ、木製ハンガーの材料はブナ材なのか? | Main | 「学ぶことは大切なこと」 卒業制作展 »

March 19, 2006

Joe Pass "VIRTUOSO"

joe_pass_virtuoso

Joe Pass "VIRTUOSO"

Joe Pass : guitar

1.Night And Day
2.Stella By Starlight
3.Here's That Rainy Day
4.My Old Flame
5.How High The Moon
6.Cherokee
7.Sweet Lorraine
8.Have You Met Miss Jones
9.'Round Midnight
10.All The Things You Are
11.Blues For Alican
12.The Song Is You

Recorded on August 28, 1973

油井正一さんが書いたライナーノートの冒頭に「ジャズ・ギターのソロ・レコードはまことに少ない」とある。果たしてそうかな?と考えてみる。思いつくギタリストは、バーニー・ケッセル、ラリー・コーイェル、??そうそう、日本の渡辺香津美など。まだあると思うが、少ないかも。

その中でも、このジョー・パスのソロは、やはり特別な存在だ。もともとリズム・セクションの楽器であったギターが、アドリブをとり、さらには、フロント・ラインをとる楽器にまでなるのは意外と、ジャズの歴史では新しい。そして、全くのソロ演奏となると、このジョー・パスとなる。初めて聴いた時の印象は、ジョーが弾くギターのベースラインが心地よかった。1曲のオリジナルをのぞいて、あとはスタンダードナンバーばかり。ギターのソロを堪能できます。

|

« なぜ、木製ハンガーの材料はブナ材なのか? | Main | 「学ぶことは大切なこと」 卒業制作展 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Joe Pass "VIRTUOSO":

« なぜ、木製ハンガーの材料はブナ材なのか? | Main | 「学ぶことは大切なこと」 卒業制作展 »