« 「ブログ記念日」 365日の積み重ね | Main | 「作り手としての尊厳」 モノ作り・デザインフォーラム関西 '06 »

March 02, 2006

Dexter Gordon "HOT AND COOL"

dextergordon_hotandcool

Dexter Gordon "HOT AND COOL"

Dexter Gordon (ts)
Carl Perkins (p)
Leroy Vinnegar (b)
Chuck Thompson (ds)
Jimmy robinson (tp)

1. Silver Plated
2. Cry Me a River
3. Rhythm Mad
4. Don't Worry About Me
5. I Hear Music
6. Rue, Bonna
7. I Should Care
8. Blowin' for Dootsie
9. Tenderly

Recorded on Nov. 11,12, 1955

デクスター・ゴードンに、大変な熱を入れた時期があった。普通、ジャズを聴き始めた時、それはビル・エバンスであったり、マイルス・デイビスであったり、コルトレーンであったり、沢山のジャズマンがいた。だけど、どうもこのデクスター・ゴードンは、どこか一味違う、って感じていた。今思うと、それはこのアルバムのジャケットに起因するものかも知れない。タバコの煙がもうもうと立ち込めた酒場。演奏を待つサックス・プレーヤー。よれよれのネクタイと背広。学生の私にとってジャズのイメージそのものであった。このアルバムでは2曲目の"Cry Me a River"が当時のゴードンの演奏を現している。落ち着いたトーンで、淡々とバラードを吹き上げる。また、ピアノのカール・パーキンソンもセンス溢れる最高の演奏をしている。

|

« 「ブログ記念日」 365日の積み重ね | Main | 「作り手としての尊厳」 モノ作り・デザインフォーラム関西 '06 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Dexter Gordon "HOT AND COOL":

« 「ブログ記念日」 365日の積み重ね | Main | 「作り手としての尊厳」 モノ作り・デザインフォーラム関西 '06 »