« ニューヨークの雑貨店で見つけたハンガー | Main | "Meat Packing District" NYで今一番ホットなエリア »

February 11, 2006

「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」は市民の拠点だ!

060211_moma-1

ニューヨークに来ると必ず訪問する場所がある。それはこの「ニューヨーク近代美術館」(Museum of Modern Art) である。だから、今回の訪問は6か7回目となる。なぜいつも足が向かうのだろうか?それは60年代〜70年代、つまり私の高校・大学時代のアート(ジャズもロックも大好き)がたくさん凝縮された場であるからだろう。ミッドタウン53th St.のビル群の中にあるのが、また格好いい。

060211_moma-2

今回の訪問は特に楽しみにしていた。2004年11月に増改築オープンして初めてのMoMA訪問だからである。設計は、日本人建築家・谷口吉生氏である。今や世界的な建築家の一人である。ガラスを多用し、自然光がやわらかく館内に注ぎ込む。さまざまなイベントが可能な活動的、開放的な空間である。

060211_moma-3

入り口を入ると広いロビーがある。チケット・チェックを受けて2階に上がったところ。吹き抜けの天井と1階のインフォメーションが見える。右側に図書室。そしてこの左側から鑑賞がスタートする。

060211_moma-4

MoMAコレクションの特徴は、絵画、彫像ばかりでなく、フィルム、映画、商業デザイン、家具、建築まで幅広い作品が展示されていること。よく「MoMAに展示してある○○」と言う風に説明されているインテリアや家具があるが、このことである。

060211_moma-5

モネの連作『睡蓮』の前で、ベンチに座り鑑賞する人たち。このようにあの名画が、触れようと思えば触れることが簡単にできてしまいそうな至近距離で楽しめる。さらに驚いたのは、館内写真撮影が許可されていることである。フラッシュと三脚はダメだが、どの作品もデジカメでパシャッと撮影できるのだ。なんか凄いですよね。

060211_moma-6

ピカソ『アビニョンの娘たち』の前で、しゃがんで鑑賞する少女。MoMAは16歳以下は入館料は無料。大人は$20。ただし、金曜日の16時以降は無料である。ニューヨーカーにとってMoMAは憩いの場であるのかも知れない。イタリアン・レストラン、カフェも充実している。

060211_moma-7

私の大好きな絵画のひとつ。ダリの『記憶の固執』 。今回も観ることができた。(^_^)/ 初めてMoMAに行こうと思ったのは、このダリの絵とピカソの『ゲルニカ』を観たいからであった。(今回はゲルニカはなかった)

060211_moma-8
シャガール 『私と村』

060211_moma-9
ゴッホ 『星月夜』

060211_moma-10
アンディ・ウォーホル 『マリリン・モンロー』

060211_moma-11
アンリ・ルソー 『眠れるジプシー女』

060211_moma-12
ホアン・ミロ

|

« ニューヨークの雑貨店で見つけたハンガー | Main | "Meat Packing District" NYで今一番ホットなエリア »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」は市民の拠点だ!:

« ニューヨークの雑貨店で見つけたハンガー | Main | "Meat Packing District" NYで今一番ホットなエリア »