« 「やあ、イアン(Ian) 先生」 from New Zealand | Main | John Coltrane "JOHN COLTRANE AND JOHNNY HARTMAN" »

January 25, 2006

ハンガー見ると反応してしまう(^^;;

060121_kanban-1

地下鉄日比谷線に乗った。八丁堀駅で電車が停まったところにこの広告。思わずデジカメで撮ってしまった。街を歩いていても、ファッション関連のショップの店頭にユニークなディスプレイを見かけるとつい、シャッターを押してしまう。(^_^;; それがハンガーだと益々そうだ。これまでに私が見かけた印象的なものには、百貨店のウィンドーやエンポリオ・アルマーニのショップ・ウィンドーでハンガーを使った格好いいディスプレイがある。

060121_kanban-2

どこの広告かは、電車の窓で隠れてしまって定かでない。カラフルな洋服をスチール・ハンガーに掛けた演出が心憎い。赤・青・紫・黄色・桃色・橙色などのこの色彩には、木製ハンガーは重過ぎる。ここで使用されている、線材を湾曲させて肩先に厚みを持たせたスチール・ハンガーが登場したのは、私の記憶ではまだ10年ちょっと前ぐらいだろうか。三宅一生さんのブランドやクールさを前面に打ち出すショップに普及していった。

|

« 「やあ、イアン(Ian) 先生」 from New Zealand | Main | John Coltrane "JOHN COLTRANE AND JOHNNY HARTMAN" »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ハンガー見ると反応してしまう(^^;;:

« 「やあ、イアン(Ian) 先生」 from New Zealand | Main | John Coltrane "JOHN COLTRANE AND JOHNNY HARTMAN" »